となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

WHO調査団


【発生源】WHO調査メンバー、武漢・海鮮市場「感染広がり得る」


【独自】WHO国際調査メンバー語る、武漢・海鮮市場「感染広がり得る」
 新型コロナウイルスの起源を調べるために中国・武漢に入っているWHO=世界保健機関の国際チームの1人が、JNNの単独インタビューに応じました。発生の…
(出典:TBS系(JNN))


武漢華南海鮮卸売市場(ぶかんかなんかいせんおろしうりしじょう、中国語: 武汉华南海鲜批发市场)は中華人民共和国湖北省武漢市江漢区に所在する生動物及び魚介類を扱う市場。世界保健機関(WHO)によって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とこの市場に関連性があるとする声明がなされたことでメディア
15キロバイト (1,460 語) - 2020年12月15日 (火) 01:53



(出典 www.asahicom.jp)


強い根拠はなさそうです、
中国政府はどう反応するのでしょうか!?

【【発生源】WHO調査メンバー、武漢・海鮮市場「感染広がり得る」】の続きを読む



(出典 assets.bwbx.io)


帰国前に会見して成果を説明するとしていますが、どのような内容になるか興味深いです・・・興味ない?!

1 頭皮ちゃん ★ :2021/02/06(土) 13:27:33.13

 新型コロナウイルスの起源を探るため中国湖北省武漢市を訪れている世界保健機関(WHO)調査団のメンバーが5日、AP通信の取材に「行きたいと言った場所には全て行き、会いたいと言った人には全て会うことができた」と述べ、一定の透明性は確保されていたとの見解を示した。現場調査は終わり、一行は10日の帰国前に会見して成果を説明するという。

 米国の動物学者、ピーター・ダザック氏はAP通信の取材に対し、調査団が訪問したい場所や面会したい人のリストを事前に中国側に提供していたとし、いずれも拒否されなかったと述べた。米国のトランプ前政権がウイルス流出疑惑を唱えた武漢ウイルス研究所への訪問では「洞察に満ちた質問をすることができ、(中国側の)重要人物がみな出席した」とも語った。

 ダザック氏は2002~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の起源を探る調査にも加わり、中国側研究者とも深い交流を持つ。

 今回の調査をめぐっては、ブリンケン米国務長官が「必要な情報の提供について、中国は(期待される)基準をはるかに下回っている」と批判するなど、中国側から必要なデータや情報の開示がされるか危ぶむ声が出ている。(武漢=高田正幸)

https://www.asahi.com/articles/ASP2642RPP26UHBI00V.html


【【闇深】WHO、武漢の調査終了「行きたい場所へ全て行けた」 wwwマジかよ!】の続きを読む


【バットウーマン】WHO調査団、武漢研究所で「バットウーマン」石正麗氏らと意見交換



(出典 i.ytimg.com)


米国のブリンケン国務長官は中国の情報提供が「(期待される)基準をはるかに下回っている」と批判しました。
日本の感染症専門家は「中国の主張にお墨付きを与えるだけの調査に終わりかねない」と懸念している。

【【バットウーマン】WHO調査団、武漢研究所で「バットウーマン」石正麗氏らと意見交換】の続きを読む


『WHOのコロナ起源調査を妨害する習近平』についてTwitterの反応


近平(しゅう きんぺい、シー・チンピン、簡体字: 习近平、拼音: Xí Jìnpíng〈シー・ジンピン〉、1953年6月15日 - )は、中華人民共和国の政治家。同国第5代最高指導者(2012年11月15日 - )。 現在第5代中国共産党中央委員会総書記兼第6代中国共産党中央軍事委員会主席(2012年11月15日
122キロバイト (17,226 語) - 2021年2月2日 (火) 03:00



(出典 wedge.ismcdn.jp)



【【妨害】WHOのコロナ起源調査を妨害する習近平】の続きを読む


『WHO調査団、武漢の動物感染症対策センターを視察』まとめ


中国 > 中南 > 華中 > 湖北省 > 武漢都市圏 > 武漢武漢市(ぶかんし/ウーハンし、中国語:武汉市、武漢語:/u˦˨xan˧˥si˧˥/、拼音: Wǔhàn Shì、英語:Wuhan City)は、中華人民共和国の中部、湖北省の東部、長江とその最大の支流漢江の合流点に位置する都市である
142キロバイト (14,869 語) - 2021年2月1日 (月) 17:19



(出典 www.asahicom.jp)


WHOの緊急対応責任者マイク・ライアン氏は、今回の調査で新型コロナの起源に関する全ての答えが見つかるわけではないかもしれない、と述べている。

【『WHO調査団、武漢の動物感染症対策センターを視察』まとめ】の続きを読む


【情報統制】武漢のWHO市場視察「何も残ってない」、現地調査は中国ペース


を行うなど同研究所はコロナウイルスを積極的に研究している。 2017年頃から、施設管理の面からウイルス漏洩の可能性が指摘されており、現在、武漢華南海鮮卸売市場とともにCOVID-19の感染源であるとの疑惑が上がっている。 アメリカ合衆国のFOXニュースやワシントン・ポストでは2018年にアメリカの外
18キロバイト (1,836 語) - 2021年1月11日 (月) 06:29



(出典 www.sankei.com)


中国当局は、今回の調査に関する情報統制を強め、卸売市場の視察でも、公安関係者らがバリケードで市場を封鎖し、国外メディアなどを近くに寄せ付けなかった。
想像以上に情報統制されているようです。
しかし、調査団の一人は「市場のレイアウトを見られ、スタッフと話ができ、非常に有益だった」と述べたそうです。本意ではないと思いますが。
どのような調査報告が為されるのか非常に興味深いです。

【【情報統制】武漢のWHO市場視察「何も残ってない」、現地調査は中国ペース】の続きを読む

このページのトップヘ