【威嚇】中国軍機の台湾識別圏進入、米空母へ威嚇目的か


空母打撃群(旧 空母戦闘群)は、1隻の航空母艦と複数の護衛艦艇と潜水艦、補給艦で編成される。その編成は、その時代の技術と要求される任務に応じて変化してきた。 1991年当時、ニミッツ級原子力空母は5隻就役していたが、ローテーションの関係で参加したのはセオドアルーズベルト
36キロバイト (5,030 語) - 2020年12月29日 (火) 01:37



(出典 www.iza.ne.jp)


関係者によると、米空母セオドア・ルーズベルトを中心とする空母打撃群がフィリピン北部のバリンタン海峡を西太平洋から南シナ海に向かって通過していた。
台湾海峡 南シナ海はほぼ戦争状態です!

【【威嚇】中国軍機の台湾識別圏進入、米空母へ威嚇目的か・・・大統領補佐官「ウイグル、台湾への対価払わせる」】の続きを読む