となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

異常事態


ヒューストン・アストロズ(英語: Houston Astros、略称:HOU)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はテキサス州ヒューストンにあるミニッツメイド・パーク。 1962年のナショナル・リーグ球団拡張に伴い、ニューヨーク・メッツと
50キロバイト (6,691 語) - 2021年9月15日 (水) 22:58


敬遠にルールが必要だ、
メジャーリーグらしくないぞ!

1 Anonymous ★ :2021/09/24(金) 13:49:18.47

https://news.yahoo.co.jp/articles/b293d043efd19a3aaf0746d66508dc5866a586f5

【米大リーグ】エンゼルス-アストロズ(9月23日・日本時間24日 アナハイム/エンゼル・スタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。3-1と2点リードの場面で迎えた7回の第4打席、この日3つ目となる四球を選ぶと場内は騒然となった。

 前の試合でも2つの申告敬遠を含む自身初となる1試合4四球と徹底マークされている大谷。これで45号を放った21日(同22日)の対アストロズ戦以降、10打席で7四球となった。

 ABEMAで実況を務めた石黒新平アナは「きのう4つ、きょう3つ…きょうは勝負はしてくれているのですが…」と言葉を詰まらせた。

 きのうの試合終了時点で今季の敬遠数がリーグ最多となる「15」となった大谷。対するライバルのゲレロJr.が7個、ペレスが4個であることから、その数の多さがよくわかる。残り少ない試合数で強力なライバルたちと本塁打王を争う大谷にとっては、頭の痛い問題となりそうだ。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

最終更新: 9/24(金) 13:42


【申告敬遠をやめろ!!!...大谷翔平、3打席連続四球に球場騒然 45号以降“10打席で7四球”の異常事態】の続きを読む


UH-60 ブラックホーク 用途:多目的ヘリコプター 分類:汎用ヘリコプター 製造者:シコルスキー・エアクラフト社 運用者 アメリカ合衆国(アメリカ陸軍) 日本(自衛隊)  台湾(中華民国陸軍) オーストラリア(オーストラリア国防軍) 他 初飛行:1974年11月29日 生産数:4,000機以上 運用開始:1979年
85キロバイト (10,242 語) - 2021年8月23日 (月) 02:50


兵器、武器が敵軍にそのまま移管された状態!?
退避すべき人々が心配です。

1 かわる ★ :2021/09/02(木) 06:39:11.92

タリバンの一員と見られる人物が、米軍の軍用ヘリコプター「ブラックホーク」から吊り下げられて降下する様子を映した動画が拡散している。アフガニスタン南部の都市カンダハルを「パトロール中」のものだというこの映像は、再生回数が200万回を超えた。

この動画を8月29日にツイッターでシェアしたのは、アフガニスタン・イスラム首長国を自称するタリバンの公式ニュースアカウント「Talib Times」だ。映像では、アメリカ軍が残したUH-60ブラックホークと見られるヘリコプターから吊り下げられた男性の姿が確認できる。

動画には、「我々の空軍だ! これは、イスラム首長国の空軍ヘリコプターが、カンダハル上空を飛行しながらパトロールをしているところである」というキャプションが添えられている。

この動画は、内容について第三者の確認は取れていないが、複数のSNSユーザーによってシェアされている。

動画が投稿された8月29日は、アメリカ軍がアフガニスタンから完全撤退するとされていた日の前日だ。

戦争終結とともに

アメリカが先頭に立ってきた20年におよぶアフガニスタン戦争は、8月30日(米東部時間)に正式に終結した。アフガニスタンに滞在していたアメリカ人と、戦争中にアメリカに協力したアフガン人協力者を国外に退避させようとする混乱のなか、タリバン支配下にあるカブールの国際空港を、最後の米軍用機が飛び立った。

米大統領ジョー・バイデンは2021年4月に初めて、アフガニスタン駐留アメリカ軍を撤退させると発表した。その際に明言したのが、2021年9月11日までの完全撤退だ。国際テロ組織アルカイダがニューヨークのツインタワーを攻撃した2001年の米同時多発テロから、ちょうど20年目の日だ。

アメリカ軍が2001年にアフガニスタンに軍を派遣したのは、米同時多発テロの報復のためだった。その後アメリカ軍は、アルカイダと同盟関係にあったタリバンの排除に成功した。

だがアメリカ軍とその同盟国軍がアフガニスタンから引き上げるなか、タリバンはたちどころに全土を掌握し、首都も支配下に収めた。

タリバンは、アフガニスタンの実権を再び掌握した際に、アメリカ軍がアフガニスタン政府軍に提供した多数の武器や砲弾などを没収した。そのなかには、ブラックホークや全地形対応の軍用車両「ハンビー」も含まれている。SNSの写真や動画を見ると、8月半ばにはすでに、タリバン戦闘員が各地で武器などを見せびらかしている様子がわかる。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97026.php


【兵器、武器が敵軍に!!!...タリバンがブラックホークを操縦する異常事態】の続きを読む


UH-60 ブラックホーク 用途:多目的ヘリコプター 分類:汎用ヘリコプター 製造者:シコルスキー・エアクラフト社 運用者 アメリカ合衆国(アメリカ陸軍) 日本(自衛隊)  台湾(中華民国陸軍) オーストラリア(オーストラリア国防軍) 他 初飛行:1974年11月29日 生産数:4,000機以上 運用開始:1979年
85キロバイト (10,242 語) - 2021年8月23日 (月) 02:50


兵器、武器が敵軍にそのまま移管された状態!?
退避すべき人々が心配です。

1 かわる ★ :2021/09/02(木) 06:39:11.92

タリバンの一員と見られる人物が、米軍の軍用ヘリコプター「ブラックホーク」から吊り下げられて降下する様子を映した動画が拡散している。アフガニスタン南部の都市カンダハルを「パトロール中」のものだというこの映像は、再生回数が200万回を超えた。

この動画を8月29日にツイッターでシェアしたのは、アフガニスタン・イスラム首長国を自称するタリバンの公式ニュースアカウント「Talib Times」だ。映像では、アメリカ軍が残したUH-60ブラックホークと見られるヘリコプターから吊り下げられた男性の姿が確認できる。

動画には、「我々の空軍だ! これは、イスラム首長国の空軍ヘリコプターが、カンダハル上空を飛行しながらパトロールをしているところである」というキャプションが添えられている。

この動画は、内容について第三者の確認は取れていないが、複数のSNSユーザーによってシェアされている。

動画が投稿された8月29日は、アメリカ軍がアフガニスタンから完全撤退するとされていた日の前日だ。

戦争終結とともに

アメリカが先頭に立ってきた20年におよぶアフガニスタン戦争は、8月30日(米東部時間)に正式に終結した。アフガニスタンに滞在していたアメリカ人と、戦争中にアメリカに協力したアフガン人協力者を国外に退避させようとする混乱のなか、タリバン支配下にあるカブールの国際空港を、最後の米軍用機が飛び立った。

米大統領ジョー・バイデンは2021年4月に初めて、アフガニスタン駐留アメリカ軍を撤退させると発表した。その際に明言したのが、2021年9月11日までの完全撤退だ。国際テロ組織アルカイダがニューヨークのツインタワーを攻撃した2001年の米同時多発テロから、ちょうど20年目の日だ。

アメリカ軍が2001年にアフガニスタンに軍を派遣したのは、米同時多発テロの報復のためだった。その後アメリカ軍は、アルカイダと同盟関係にあったタリバンの排除に成功した。

だがアメリカ軍とその同盟国軍がアフガニスタンから引き上げるなか、タリバンはたちどころに全土を掌握し、首都も支配下に収めた。

タリバンは、アフガニスタンの実権を再び掌握した際に、アメリカ軍がアフガニスタン政府軍に提供した多数の武器や砲弾などを没収した。そのなかには、ブラックホークや全地形対応の軍用車両「ハンビー」も含まれている。SNSの写真や動画を見ると、8月半ばにはすでに、タリバン戦闘員が各地で武器などを見せびらかしている様子がわかる。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/09/post-97026.php


【兵器、武器が敵軍に!!!...タリバンがブラックホークを操縦する異常事態】の続きを読む

このページのトップヘ