となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

断固反対


決めるのはTPP加盟国!!!...中国、台湾TPP加盟に「断固反対」 対立激化で手続き遅れる可能性


中国、台湾TPP加盟に「断固反対」 対立激化で手続き遅れる可能性
 中国外務省の趙立堅副報道局長は23日、台湾が環太平洋経済連携協定(TPP)への加盟を正式に申請したことについて定例会見で問われ、「公的な性格を持つ…
(出典:朝日新聞デジタル)


Agreement、略称: TPP)は、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム、米国の間で2016年2月4日に署名された経済連携協定 (EPA) である。 2017年1月、アメリカ合衆国は、TPP
205キロバイト (28,387 語) - 2021年9月23日 (木) 06:27


決めるのはTPP加盟国! 中国加盟不許可、台湾許可!

【決めるのはTPP加盟国!!!...中国、台湾TPP加盟に「断固反対」 対立激化で手続き遅れる可能性】の続きを読む


【敵】強烈に反対!!!...中国外務省の汪文斌報道官「中国を仮想敵とすることに断固反対する」


文斌(おう ぶんひん、1971年4月 - )は、中華人民共和国の外交官、報道官。安徽省出身。 1971年4月、安徽省で生まれる。南京市金陵中学を経て、1993年、外交学院を卒業。同年、中華人民共和国外交部新聞司に入局。外交部新聞司職員を務め、在セネガル中国大使館職員、在ドゥアラ中国領事館職員、外
3キロバイト (195 語) - 2021年6月6日 (日) 07:43


「ありもしないことを言い立て、中国を仮想敵とすることに断固反対する」と反発。
「ありもしないこと」であれば、協力的に証拠を示しましょう。

【【脅威論】強烈に反対!!!...中国外務省の汪文斌報道官「中国を仮想敵とすることに断固反対する」】の続きを読む


ホワイトハウス(英: White House)は、次の2つの意味で使用されている。 アメリカ合衆国大統領が居住し、執務を行う官邸・公邸。転じて、(日本語における「官邸」と同様に)そこで働くスタッフらを含めた政権の中枢を指す。 アメリカ合衆国大統領行政府の中の一部局である「ホワイトハウス
38キロバイト (4,351 語) - 2021年3月14日 (日) 08:19



(出典 www.nagoyatv.com)


強烈な言葉を並び立てている、北朝鮮もそうだが、一国家の主張表現とは思えない。

1 どこさ ★ :2021/04/18(日) 06:37:48.04

Record China 2021年4月17日(土) 17時10分
https://www.recordchina.co.jp/b875083-s25-c30-d0198.html
菅義偉首相とジョゼフ・バイデン(ジョー・バイデン)米大統領は、米ワシントンのホワイトハウスで現地時間16日午後(日本時間17日未明)に首脳会談を行い、その後、共同声明を発表した。在米中国大使館は同共同声明に強く反発する文章を発表した。

在米中国大使館は、日米の共同声明が東シナ海、南シナ海、台湾、香港、新疆などに対する「関心」を盛り込んだことについて、「台湾、香港、新疆の問題は中国の内政であり、東シナ海と南シナ海は中国の領土と主権、海洋権益に関わる。これらの問題は中国の根本的利益に関連し、干渉は受け入れられない」と表明。

さらに「我々は日米の指導者による共同声明の言論に対して、強烈な不満を表明し、断固として反対する。中国は必ずや、国家の主権、安全、発展の利益を防衛する」と宣言した。

中国大使館は日米共同声明について、「二国間関係の正常な発展の範囲を完全に超えている。第三者の利益を損ない、地域国家の相互理解と信頼を損ない、アジア太平洋の平和と安定を損なうもの」と主張。日米の動きは「アジア太平洋地域を分裂させ、他国を標的にした『小グループ』を作ろうとしている一方で、『自由と開放』(の言葉)を冠するのは皮肉だ」と論じ、日米の動きは「時代の流れに逆行し、地域国家の民心に逆行する企てであり、他者を傷つける目的が出発点」と主張した上で、「自らを害する結果に終わる」と“警告”した。

中国大使館は日米共同宣言以外にも、日本が福島第一原発の処理水を海洋に放出することと、米国が海洋放出を支持したことにも反発した。日本による海洋放出は「極めて無責任なやり方であり、地域の国家と人民の切実な利益に深刻な損害を与える」と主張し「米国による容認の態度も同じように、よくないものだ。日米はまさか、核汚染されたインド太平洋地区を作ろうというのではあるまいな?」と論じた上で、「日米が人類共有の海洋環境を維持し、地域の国家の人民の健康と安全を考慮するならば、核廃水処理には慎重に取り組むべきだ」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人)

前スレ ★1 [Felis silvestris catus★] 04/17(土) 17:39
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618648755/


【【根本的利益】中国、猛反発「我々は日米の指導者による共同声明の言論に対して、強烈な不満を表明し、断固として反対する」】の続きを読む


核心的利益(かくしんてきりえき、中国語:核心利益)とは、国家主権、安全保障、領土の保全及び自国の開発に関する中華人民共和国の国家利益を指す政治な用語。 2009年7月の米中戦略経済対話において戴秉国国務委員は、核心的利益として以下の三点を語った。 国家主権と領土保全(国家主権和領土完整) 台湾問題
2キロバイト (170 語) - 2021年3月26日 (金) 21:57



(出典 afpbb.ismcdn.jp)


わかりました、おっしゃる通りです、とは言いませんよね。
いずれ、避けては通れない摩擦であると思います。

1 puriketu ★ :2021/04/17(土) 16:36:45.26

【北京時事】中国の在米大使館報道官は17日、「台湾」に言及した日米首脳共同声明に
「強烈な不満と断固とした反対を表明する」との談話を発表した。習近平政権は、香港や新疆ウイグル自治区の人権状況にも
「深刻な懸念」を示した共同声明に反発しており、菅義偉政権に対し強硬な態度に転じる可能性がある。

談話は「台湾、香港、新疆ウイグル自治区に関する問題は中国の内政であり、東・南シナ海は中国の領土主権に関わり、
干渉は受け入れられない」と強調。沖縄県・尖閣諸島周辺や南シナ海への強引な海洋進出を含め、
中国が関係する問題を幅広く取り上げた共同声明を
「2国間関係の正常な発展の範囲を逸脱しており、第三国の利益や地域の相互理解と信任、アジア太平洋の平和と安定を損なう」と指弾した。
また、「中国は国家主権、安全、発展の利益を確実に守る」と述べ、日米に対抗していく構えを示した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041700412&g=int


【【対立】やはり!!!...中国、日米共同声明に「断固とした反対」表明 対日圧力強化へ】の続きを読む


【禁輸】中国外務省 スパコン禁輸対象「断固反対」表明、「必要な措置を取る」


中華人民共和国外交部報道局(簡体字:中华人民共和国外交部新闻司)は、外交部中国の外交政策と対外関係、国際問題に対してニュースと中国政府の立場を発表する部署。 原則、毎週月曜-金曜に定例記者会見を行う。 華春瑩 局長(2019年〜) 耿爽 局長(2016年〜) 趙立堅 局長(2020年〜) 中国共産党中央対外連絡部
7キロバイト (503 語) - 2021年3月16日 (火) 14:06


中国のスパコン開発と言う意味では、確かにアメリカの禁輸措置がそれほど痛手になるとは思えない。
既に日米のスパコンを超えていると思われます。(-_-;)

【【禁輸】中国外務省 スパコン禁輸対象「断固反対」表明、「必要な措置を取る」】の続きを読む

このページのトップヘ