となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

捕獲


初期型のT-90ではT-72系列のエンジンを改良したV-84MSを装備していたが、出力が840馬力で、重量46.5トンのT-90にとっては必ずしも満足できるものではなかったため、現在ロシア軍が運用しているT-90AではV-92S2(1,000馬力)エンジンに置き換えられ、近年新たに採用されたT-90M
27キロバイト (3,844 語) - 2022年9月19日 (月) 05:10
出力1130馬力の新型ディーゼルエンジンを搭載、 す凄い!
無傷で放置されていた、という事か?
ロシア軍の士気低下は本当かも!

1 シャチ ★ :2022/09/21(水) 10:34:48.40ID:JxzCTFbY9
 ウクライナ軍参謀本部は2022年9月19日、公式ツイッターでロシアの最新戦車T-90Mを東部ハルキウ州で捕獲したことを明らかにしました。

 ツイッターには「最新のロシア戦車T-90Mがハルキウ地域で完璧な状態で発見されました。所有者はウクライナ陸軍に連絡するよう、お願いします。確認のためのサインはあなた方の掲げる白旗になります」と皮肉を込めたコメントとともに画像が投稿されていました。

 なお、画像は外観だけでなく車内の様子も含まれており、無傷の状態の運転席周りや液晶パネルなどを確認することができます。

 T-90Mは2021年8月よりロシア陸軍に引き渡しが始まった戦車で、Прорыв(プラルィヴ)」という愛称を持っています。原型であるT-90は陳腐化したT-72戦車の近代化改修型として1990年代前半に登場したものです。

 ただ、1990年代を通じてロシア経済は混迷の度合いを深めたことから、T-90戦車の大量生産とロシア陸軍への本格配備は2000年代以降にずれ込みました。

 T-90Mはその最新型で、電装系やシャシーにも手を加えているほか、出力1130馬力の新型ディーゼルエンジンを搭載。さらに砲塔形状を一新しているのが特徴の一つです。新開発の砲塔は、内部容積を拡大しつつ防御力も強化されており、最新の機器を適切に配置することで、乗員の作業条件の向上を図ることに成功しているとのこと。

 また砲塔形状を変えたことで弾薬配置も見直されており、これにより乗員の生存率も大幅に向上していると製造元のロシア国営企業ロステックは説明していました。

9/21(水) 8:12配信 乗りものニュース 「返してほしけりゃ白旗上げな」ロシア自慢の新型戦車T-90Mを捕獲 ウクライナ
https://news.yahoo.co.jp/articles/dd629ee7cef5ad529ac874d248b18674a6235444
画像 2022年対ドイツ戦勝記念式典で展示されたロシア陸軍のT-90M戦車(画像:ロシア国防省)。

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【ロシア軍の士気低下は本当かも!!!...「返してほしけりゃ白旗上げな」ロシア自慢の新型戦車T-90Mを捕獲 ウクライナ】の続きを読む


食するのは危険です!!!...大量の巨大カタツムリがフロリダで捕獲。成長すると体長20センチに、感染症の恐れも


大量の巨大カタツムリがフロリダで捕獲。成長すると体長20センチに、感染症の恐れも
…侵略的外来種の巨大カタツムリが、フロリダ州ニューポートリッチーで大量に目撃されている。 同地域では6月23日以降、1000匹以上の巨大なカタツムリ「…
(出典:ハフポスト日本版)


カタツムリ (マイマイからのリダイレクト)
ものがいる。大きさは日本産では1mm前後のものから数cmまでで、殻径60mmを超える四国産のアワマイマイ Euhadra awaensis が最大の在来現生種である。アフリカなどにはメノウアフリカマイマイのように殻が20cm以上、伸びた時の体長が40cm近い種類がいる。
44キロバイト (6,282 語) - 2022年7月2日 (土) 13:51


これを食する人がいるらしいwww
しかし、エスカルゴ料理は好きだから、同類と言えばその通りだ。

【食するのは危険です!!!...大量の巨大カタツムリがフロリダで捕獲。成長すると体長20センチに、感染症の恐れも】の続きを読む


タイヤから解放されて良かった!!!...6年間首にタイヤを巻き付けて生きてきたワニ 地元住民たちが捕獲して「新たな人生」に


6年間首にタイヤを巻き付けて生きてきたワニ 地元住民たちが捕獲して「新たな人生」に
…インドネシアで6年間もの間、首にタイヤが巻き付いた状態だったワニが発見され、地元住民によって解放された。 「私はただ、動物が閉じ込められて苦しんでい…
(出典:クーリエ・ジャポン)


インドネシア共和国 Republik Indonesia 国の標語:Bhinneka Tunggal lka (古ジャワ語: 多様性の中の統一) 国歌:Indonesia Raya(インドネシア語) 偉大なるインドネシア インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、インドネシア語: Republik
115キロバイト (15,374 語) - 2022年1月31日 (月) 04:14


タイヤから解放されて良かった、
人間は動物を危害を加えている!プラスチックごみ、釣り針、油・・・

【タイヤから解放されて良かった!!!...6年間首にタイヤを巻き付けて生きてきたワニ 地元住民たちが捕獲して「新たな人生」に】の続きを読む


ミナミジサイチョウ(南地犀鳥、Bucorvus leadbeateri)は、鳥綱サイチョウジサイチョウ科(サイチョウ科とする説もあり)ジサイチョウ属に分類される鳥類。 アンゴラ、ウガンダ、エスワティニ、ケニア南部、コンゴ民主共和国南東部、ジンバブエ、タンザニア、ナミ
4キロバイト (389 語) - 2021年6月5日 (土) 03:29



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


くちばしが切り取られている!
それでも、必死にカエルやヘビを捕食している、
一番ひどいのは人間だ、やっぱり!

1 孤高の旅人 ★ :2021/06/05(土) 15:56:40.82

【NEW】ついに捕獲に成功! 千葉の“巨大鳥”
国内
2021年6月5日 土曜 午後3:22
https://www.fnn.jp/articles/CX/192352

千葉・柏市で目撃情報が相次いでいた、南アフリカに生息する絶滅危惧種のミナミジサイチョウが捕獲された。

鳥は、5日午後2時半ごろ、ペットショップの職員らによって捕獲された。

全身が黒く、目やのどが赤いこの鳥は、南アフリカに生息する絶滅危惧種のミナミジサイチョウとみられている。

これまでに柏市内で目撃情報が相次いでいて、カエルを丸のみしたり、ヘビを捕食する様子も確認されていた。

茨城県内のペットショップから逃げたとみられていて、4日もペットショップの職員らが捕獲作戦を行ったが失敗に終わり、5日、ついに捕獲に成功した。


【【速報】千葉・柏市、絶滅危惧種「ミナミジサイチョウ」ついに捕獲】の続きを読む

このページのトップヘ