となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

懸念


キックスクーター(和製英語kickskater)またはキックスクーター(英語: kick scooter)とは、地面を蹴って進むハンドル付きの乗物の総称。 キックスケーターの多くは自転車に似た感覚で乗る事ができ、ローラースケートやスケートボードよりも扱いが簡単な事からレジャー用途の他、スポーツとして
28キロバイト (3,631 語) - 2021年12月23日 (木) 08:05


トラブルが増えそうな気はするが・・・
しかし、心配してたらきりがないので「やってみたら」街が活性化しそうだし。

1 あずささん ★ :2021/12/24(金) 07:08:37.07

これまで「原付きバイク」と同じ扱いだった電動キックボードをめぐり、運転免許を不要とする道路交通法の改正を検討していることが報じられた23日、ツイッターではルール違反や交通事故の増加を心配する声が相次いだ。

産経ニュースの報道によると、検討する試案では運転免許は不要だが、16歳未満の運転は禁止し、最高時速は20キロに規制。ヘルメット着用は努力義務とするとしている。また特定の条件下で無人の車を操作する「レベル4」相当のサービス実現に向け、事業者らを許可制とするなどの環境を整備。警察庁はこれらを盛り込んだ道交法改正案を検討し、来年の通常国会での提出を目指すという。

現行法では、電動キックボードは原付きバイクと同じ扱いで、原則として走行できるのは車道だけ。運転免許証が必要で、ヘルメットの着用やナンバープレートの装着、自賠責保険の加入なども求められるが、報道によれば、道交法改正によって免許が不要になる方向で検討が進められていることになる。

ツイッターには「免許いらないのでこれは革新です」「これなら普通に欲しいわ」「ノーヘルでいいなら自転車より電動式キックボードの方が便利か」など法改正を歓迎するツイートも相次いだ。

一方、電動キックボードは利用者の急増とともに事故が相次いでいるだけに、「事故増えそう」「歩道を我が物顔で走る輩の姿しか見えん」と心配する声も。「自転車や原付でも危ないのになにいってんの?」「最近ルール違反多くてどうのってニュースでやってたけど緩和して大丈夫なんかね」と、法改正による悪影響を危惧する声も少なくないようだ。電動キックボードに関心を持つユーザーからも「俺も欲しいなぁ…と、思ってるから気軽に乗れるのは嬉しいけど…」と複雑な心境を吐露。ドライバーからは「車運転してる側からすると恐怖でしかない。自転車も電動キックボードも、どうせ車が避けてくれるっしょ運転が多すぎて都内はもうすでに地獄」といった悲鳴も上がった。

報じられた検討中の試案に対しても、「専用免許作るのかと思ったら無免許検討かよ」「違反を取り締まる為に、せめて免許証は有りにしよう」など批判的な見解が目立った。最高時速を6キロまでに制限するなどの条件を満たすと歩道でも走行できるようになるという点についても「歩道侵入は禁止してもらいたい」と反発する声が散見された。

自宅から最寄り駅までの通勤、ちょっとした買い物などさまざまな場面で使われている電動キックボード。折りたたんで自宅に持ち込めるなど、原付バイクにはない利点もあるとされる。自転車とバイクの“いいとこ取り“をしたその特性から、「電動キックボード配達員増える?」と、法改正を機にフードデリバリー業界での浸透を“予言”するコメントもあった。

ソース/iza
https://www.iza.ne.jp/article/20211223-5VEST3WKG5A4FBXOE4OG7VK5MY/


【「やってみたら」街が活性化しそうだし!!!...「なにいってんの?」「都内はもうすでに地獄」電動キックボード免許不要に・・・道交法改正案に懸念の声も】の続きを読む


G7中国にも議長声明!!!...ロシア侵攻なら「厳しい代償」 中国の「経済的威圧」懸念 G7外相会合閉幕


ロシア侵攻なら「厳しい代償」 中国の「経済的威圧」懸念 G7外相会合閉幕
 【リバプール(英国)時事】英中部リバプールで行われていた先進7カ国(G7)外相会合は12日、ロシアがウクライナに侵攻すれば「厳しい代償を払うことに…
(出典:時事通信)


G7(ジーセブン)は、英語: Group of Seven(グループ・オブ・セブン)の略で、フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダで構成される政府間の政治フォーラムである。メンバーは世界最大の国際通貨基金の先進国であり、最も裕福な自由民主主義国であり、グループは多元主義と
35キロバイト (2,728 語) - 2021年12月13日 (月) 02:49


「厳しい代償を払うことになる」10万人規模のロシア軍が集結

【G7中国にも議長声明!!!...ロシア侵攻なら「厳しい代償」 中国の「経済的威圧」懸念 G7外相会合閉幕】の続きを読む


株が暴落だ!!!...WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」


WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」
…発表した。他の変異株と比べても感染力が高い恐れなどがあるためで、名称は「オミクロン株」とした。  懸念すべき変異株の指定は今回で5件目で、これまでに英…
(出典:毎日新聞)


変異が観測され、特定の点突然変異の組み合わせのある変異株は他の変異株より懸念されるものとなっている。これは基本再生産数や病原性の強さが主な理由となっており、免疫回避変異(英語版)の出現の可能性なども加味されている。 評価基準(後節も参照)を一つ以上満たす可能性のある変異株は「注目すべき変異株」(英:
15キロバイト (1,637 語) - 2021年11月11日 (木) 19:10


日本は2か月後が危ない!
感染拡大しないことを祈りたい。

【株が暴落だ!!!...WHO、南アの変異株を「懸念すべき」に 名称は「オミクロン株」】の続きを読む


IOCバッハ会長 中国テニス選手とテレビ電話

(出典:テレビ朝日系(ANN))


(ポン・シュアイ、ピン音表記:Péng Shuài、日本語音読み:ほう すい, 1986年1月8日 - )は、中国・湖南省出身の女子プロテニス選手。2013年ウィンブルドン選手権と2014年全仏オープン女子ダブルスの優勝者である。WTAツアーでシングルスで2勝、ダブルスで22勝を挙げている。
32キロバイト (1,610 語) - 2021年11月21日 (日) 12:38


とりあえず懸念が払拭されて良かった!
しかし、皆が中国共産党の汚点かくしかと思ったところに問題あり。

1 豆次郎 ★ :2021/11/22(月) 06:33:25.83

IOCバッハ会長 中国テニス選手とテレビ電話
11/22(月) 6:19
配信
テレビ朝日系(ANN)

 IOC=国際オリンピック委員会はバッハ会長が行方が分からなくなっている中国の女子テニス選手とテレビ電話をしたと発表しました。

 IOCは21日、バッハ会長が中国の女子テニス選手・彭帥さんと30分間のテレビ電話をしたという声明を発表しました。

 彭帥さんは安全かつ元気に北京の自宅で暮らしていると説明し、今はプライベートを尊重してほしいと話したということです。

 IOCアスリート委員会のテルホ委員長も同席し、「元気な姿を見て安心した。
リラックスしているように見えた」とコメントしました。

 来年1月には電話に参加したメンバーと北京で夕食を取ることにも同意したと伝えられています。

 中国共産党系メディアは21日、彭帥さんの様子だとする複数の動画を公開し、無事をアピールしていました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1884d2ccce1a8c418e58184c150e925c5e6f2812


【とりあえず懸念が払拭されて良かった!?...行方不明のテニス選手とテレビ電話で話したと発表「元気な姿を見て安心した」 北京五輪まであと74日 ・・・IOCバッハ会長】の続きを読む


【悲痛】フロリダ州マイアミ...一部崩落の米住居ビル、全体を爆破解体 安全への懸念から



これまでに24人の死亡が確認され、121人が安否不明となっている。
大勢の関係者が集まっている。
熱海の土石流災害も同じくらいの人数が確認できずにいる。

【【悲痛】フロリダ州マイアミ...一部崩落の米住居ビル、全体を爆破解体 安全への懸念から】の続きを読む


ステムプログラムとも。対比される用語・概念はアプリケーションソフトウェア(応用ソフトウェア)。類似の用語には「基本ソフトウェア」「システム制御ソフトウェア」などもある。 1960年代から使われるようになった用語であり、何を「システムソフトウェア」と呼ぶかは、電子機器の種類やそのメーカーによって異な
10キロバイト (1,065 語) - 2021年3月23日 (火) 10:52



(出典 image.news.livedoor.com)


意図がいまいちわからない?
独占禁止法に抵触?、個人情報保護?、新規OSの育成?

1 少考さん ★ :2021/07/01(木) 12:46:45.53

※読売新聞

政府、スマホOSの実態調査に着手…アップル・グーグル2社による寡占を懸念
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210630-OYT1T50402/

2021/07/01 08:06

他社アプリ 実質排除

 政府は30日、デジタル市場競争会議(議長・加藤官房長官)の作業部会を開き、スマートフォンの 基本ソフト(OS) の実態調査に乗り出した。国内では、米アップルとグーグルの2社でほぼ100%のシェア(占有率)を握っており、利用者のデータ把握がしやすくなるといった懸念が背景にある。

危機感

国内で使われているスマホに搭載されているOSは、アップルの「iOS」(67・3%)とグーグルの「アンドロイド」(32・5%)が二分する。両社はOSを握っている強みを生かし、スマホの中核機能である検索アプリ(アップルは「サファリ」、グーグルは「クローム」)でも高いシェアを持つ。

動画や音楽を視聴するアプリやSNSなど、スマホに欠かせない機能は他社も提供しているが、OSの仕様に合わせて作製する必要がある。このため、仕様に合わないアプリは事実上、スマホから排除されている。

(略)

「本丸」
 新規参入のハードルが高くなり、アップルやグーグルの優越的な地位への懸念も高まっている。

 政府内には、自社のアプリをスマホ端末にはじめから搭載するようメーカーに求めたり、アプリの開発事業者から高額な手数料を徴収したりするなど、一方的な取引要求がしやすくなるといった声もある。経済官庁幹部は、「ネットサービスの充実や利便性の向上を阻みかねない」と話す。

 スマホの利用者にとっては、様々なアプリの利用データなどが最終的に誰に、どこまで把握されているか、不透明になっているといった懸念にもつながる。

 政府はこれまで、オンラインモールとアプリストアを運営する巨大ITを対象に、取引実態について年1回の報告義務を課し、取引先が公正に競争できるよう環境整備に取り組んできた。デジタル広告も来年に向けて規制を導入する方向だ。OSについては、スマホサービスの競争環境を根本的に見直すための「本丸」と位置づける

(略)


※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【【政府】何がしたいのか?...スマホOSの実態調査に着手、アップル・グーグル2社による寡占を懸念】の続きを読む

このページのトップヘ