なぜ人は、還元率の悪い「宝くじ」を買ってしまうのか?

(出典:ダイヤモンド・オンライン)


ジャンボ宝くじ(ジャンボたからくじ)は、日本で販売されている宝くじ(全国自治宝くじ)の一種で、年に数回の特別くじの名称。「ジャンボ宝くじ」の名称としては1979年よりスタート。 1976年12月の発売分より、高額の当選金を設定した特別くじの販売を開始。 1979年8月の第151回全国自治宝くじ
21キロバイト (3,428 語) - 2022年1月1日 (土) 04:20


自分の金を何に使おうがかってでしょ!
人には独自の世界観がある!

1 BFU ★ :2022/01/02(日) 00:25:00.79

貧困層は、高所得者層の4倍も「宝くじ」を買っている
 アメリカ人が毎年、宝くじに費やすお金は、映画やビデオゲーム、音楽、スポーツイベント、書籍を合わせた額を上回る。

 くじを買っているのは誰か? そのほとんどは、貧困層だ。アメリカの低所得者層は、年間平均412ドルを宝くじに費やしている。これは高所得者層の平均購入額の4倍である。アメリカ人の4割は、いざというときのための蓄えが400ドルに満たない。

 つまり、毎年宝くじを400ドル以上買っている人たちの大半は、非常時のための400ドルを用意できない人たちでもある。数百万分の1の確率でしか大当たりしないもののために、生活を守るための資金を投じているのだ。

 私にとって、これは正気の沙汰とは思えない。同じ感想を持つ読者も多いはずだ。だが、私は最低所得層ではないし、読者の多くもそうだろう。だから、低所得者層が宝くじを買う理由を肌で理解するのは簡単ではない。

彼らが宝くじを買う理由
 しかし少し考えれば、次のような意見を持つ人がいることも想像できるのではないだろうか。

「私たちは毎月のわずかな給料でなんとかやりくりしている。貯金をする余裕すらない。給料が上がる見込みもないし、贅沢な休暇を過ごすなんて夢のまた夢だ。新車も買えないし、健康保険にも入れない。立地のいい場所に家を建てることもできなければ、大きな借金を抱えなければ子どもを大学に通わせることもできない。ファイナンス関連の本を読むような豊かな人たちが手にしているものを、私たちは手にすることができない。

 私たちにとっての宝くじは、豊かな人が当たり前のように享受しているものを手に入れる唯一のチャンスなのだ。豊かな人はすでに夢のような生活をしている。だから、夢のために宝くじを買う人の気持ちはわからないだろう。これが、私たちが宝くじにお金を注ぎ込む理由だ」

数字だけに基づいて、意思決定できる人などいない

続きはソースにて
https://diamond.jp/articles/-/290752
※前スレ
★1
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641034051/
★2
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1641040071/


【自分の金を何に使おうがかってでしょ!!!...なぜ人は、還元率の悪い「宝くじ」を買ってしまうのか?・・・アメリカ人】の続きを読む