となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

恐れ


台湾海峡(たいわんかいきょう)は、中国大陸(中華人民共和国福建省)と台湾(中華民国)を隔てる海峡。 最も狭い海峡北部で幅は約130キロメートル。東シナ海と南シナ海を結ぶ主要航路でもある。 海峡中心部のやや台湾寄りにある澎湖諸島と、中国大陸沿岸に点在する島々のうち金門島、馬祖島は台湾
6キロバイト (879 語) - 2022年6月28日 (火) 12:05
中国は強烈な脅し文句の割には引き気味だなー。

1 クロマチウム(東京都) [CN] :2022/08/03(水) 08:20:59.75ID:lQFBKV8s0●

【北京=比嘉清太】中国の習近平(シージンピン)政権は、自国メディアを動員し、米国のナンシー・ペロシ下院議長による
台湾訪問を強く非難し、対決姿勢を強調する内容の国内向けの宣伝を展開している。反米世論をあおって米国を
けん制しつつ、政権として推進してきた強軍路線を正当化する狙いだ。

 北京市共産党委員会の機関紙傘下のネットメディアは2日、ペロシ氏が台湾を訪問しても「台湾海峡の実力の
割合を変えることはできない」と論じ、訪台に何の価値もないと強調した。

 ペロシ氏がアジア歴訪の詳細を公表しなかったのは「中国軍を恐れていなければ、こそこそしないはずだ」と指摘。
建国の父・毛沢東が、米国などを示す「帝国主義」が見かけ倒しであると表した際に使った「張り子の虎」の言葉を引用した。
中国外務省の華春瑩(フアチュンイン)報道局長もツイッターで「張り子の虎」を紹介し、SNSで話題を呼んだばかりだった。

 軍機関紙・解放軍報は2日、1面トップで、国産空母や台湾有事に投入される可能性が指摘されている強襲揚陸艦の
進水などを「歴史的成果」と自賛する記事を掲載した。1995~96年の「台湾海峡危機」では、米空母の派遣で
台湾に対する示威行動を抑え込まれた。国内宣伝には、当時とは異なる米国との力関係を強調する狙いもあるようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e0ed99dc238c503fa6ffc67fdfe775adcb9941ac

【プロパガンダを始めたか!!!...中国「アメリカは張子の虎だ 中国軍を恐れている」】の続きを読む


ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)は、クマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。 学名Ursus arctos(ウルスス・アルクトス)のUrsus
27キロバイト (3,577 語) - 2022年1月4日 (火) 04:54


体重は推定で約400kg、高さは3m近くになるwww
学習していて、ワナにはかからないらしい。
写真はイメージです。

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/01(火) 10:59:37.64

2022.02.01
# 週刊現代


超巨大ヒグマ「OSO18」に騒然…地元住民がもっとも恐れる「ヤバすぎる事態」
どこにいるかの検討もつかない

体重は推定で約400kg、立ち上がって手を上げれば高さは3mの超巨大ヒグマの被害が北海道で相次いでいる。「OSO18」と呼ばれているその雄グマは、200kgの牛も真っ二つに切り裂くほどの怪力で、その被害により牧場をたたむ経営者が出るほど深刻な問題となっている。

この巨大ヒグマを捕獲には、冬眠中の今が絶好のチャンスだ。しかし捜索の手がかりは薄く、追跡がほとんどできていない状況に、地元関係者は焦りを滲ませている。







手掛かりを残さない

オソが他のヒグマと違う点は、その大きさだけではない。自らが仕留めた獲物に対して、まったく執着を見せないのだ。

「本来、ヒグマは自分が手に入れた餌や餌場には強い執着心を持ちます。一度餌を捕まえた場所には、味を占めて何度も戻って来ます。しかし、オソは同じ餌場に戻って来ることはありません。

仕留めた獲物の食べ方にも特徴があります。オソは牛の肉や内臓をほんの少しだけ食べ、あとは残していきます。獲物を食べるためではなく、ただ弄ぶために襲っているのではと感じるほどです」(厚岸町水産農政課職員で町営牧場長を務める櫻井唯博氏)

ヒグマ対策の基本は、獲物を仕留めた場所に戻って来る習性を利用し、被害があった場所の付近に箱わなを仕掛けて捕獲することだ。だが、オソの場合はこれがまったく通用しないのである。

ヒグマの特徴である、食べきれなかった獲物を土の中に埋めるなどして保存する「土まんじゅう」をした痕跡も現地では見つかっていない。

オソの対策にあたる北海道猟友会標茶支部の猟師も、オソを「猟奇的」だとし、「我々が知っているヒグマとは違う」と危機感を募らせている。

もう一つの特徴が、牛を真っ二つにするほどの怪力を持っていながら、驚くほど用心深い性格である点だ。

実は、オソは甚大な被害を及ぼしているにもかかわらず、一度も人による目撃例が報告されていない。オソとみられる個体が目撃されたのは、2019年に標茶町が仕掛けたカメラに映り込んだ一例だけである。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/91765

「忍者」と呼ばれている
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/91765?page=2


【【ヒグマのオソ】超巨大ヒグマ「OSO18」に騒然…地元住民がもっとも恐れる「ヤバすぎる事態」】の続きを読む


小泉 進次郎(こいずみ しんじろう、1981年〈昭和56年〉4月14日 - )は、日本の政治家。学位はMaster(コロンビア大学大学院・2006年)。自由民主党所属の衆議院議員(4期)、環境大臣(第27・28代)、内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)。血液型はAB型。
40キロバイト (5,123 語) - 2021年6月30日 (水) 01:39


温室効果ガス対策で環境破壊していたら本末転倒だ。
しっかりした条例を作って欲しいです。

1 コドコド(愛媛県) [IT] :2021/07/06(火) 12:43:01.10


太陽光発電の立地規制も検討と環境相

 小泉進次郎環境相は6日の記者会見で、山林開発などで災害を招く恐れのある太陽光発電所の立地規制を検討する考えを示した。静岡県熱海市の大規模土石流の起点付近には太陽光パネルが設置されている。

https://nordot.app/784986104974196736


【【速報】出た~!!!...小泉進次郎環境相、災害招く恐れのある山林の太陽光発電を規制へ 】の続きを読む


【残骸落下】迷惑な!...「長征5号B」の残骸が地表に落下する恐れ・・・NZ周辺の大気圏再突入か


大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、英語: atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、reentry)ともいう。 宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。
22キロバイト (3,441 語) - 2021年3月13日 (土) 14:26


アメリカが追跡しているが、中国は何やっているのでしょうか?

【【残骸落下】迷惑な!...「長征5号B」の残骸が地表に落下する恐れ・・・NZ周辺の大気圏再突入か】の続きを読む


【惨事】こ、これは酷い!!!...ミャンマー国軍、デモ参加者へ容赦なく弾圧、内戦に発展する恐れ


事実上は大統領への「指示」となると予想されている。 2021年2月1日、ミャンマー軍は大統領と国家顧問を拘束し全権を掌握したと発表した。これにより国軍最高司令官が事実上の国家の指導者となった。 2021年2月2日、ミャンマー国軍は、軍幹部ら16人による国家行政評議会を設置したと発表した。この機関は閣
130キロバイト (17,385 語) - 2021年4月11日 (日) 22:15


鎮圧では銃器以外に対戦車用のロケット砲や迫撃砲まで使用され、もはやデモ鎮圧というより国軍事的攻撃による「市民の虐殺」。

【【惨事】こ、これは酷い!!!...ミャンマー国軍、デモ参加者へ容赦なく弾圧、内戦に発展する恐れ】の続きを読む


【弾圧】どどど~ん!!!...ミャンマー「国軍記念日」を迎え、軍事パレード・・・市民デモ衝突の恐れ


ミャンマーで軍事パレード 市民はデモ呼びかけも
 国軍の弾圧が続くミャンマーは27日に「国軍記念日」を迎え、軍事パレードが行われました。市民らはデモを呼び掛けていて、衝突の恐れが高まっています。 …
(出典:テレビ朝日系(ANN))


ミャンマー国軍については、1945年3月27のビルマ国および日本への蜂起をもって建軍とし、このミャンマー国軍記念日としている。 1949年、国共内戦に敗れた中国国民党軍の残余部隊(英語版)(KMT/NRA)がシャン州に侵入し、雲南省反共救国軍
123キロバイト (16,545 語) - 2021年3月25日 (木) 06:27


ミン・アウン・フライン最高司令官は演説し、軍のクーデターの正当性を訴えました。

【【弾圧】どどど~ん!!!...ミャンマー「国軍記念日」を迎え、軍事パレード・・・市民デモ衝突の恐れ】の続きを読む

このページのトップヘ