外交ニュースまとめ|中国・韓国・北朝鮮

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースの『まとめ』を発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

中国軍


【最多】進入禁止!!!...台湾の防空識別圏 中国軍の戦闘機や爆撃機など合わせて延べ25機進入


防空識別圏(ぼうくうしきべつけん、英: Air Defense Identification Zone, ADIZ)とは、各国が防空上の必要性から領空とは別に設定した空域のことである。英称の頭文字から「アディズ」や「エイディズ」と呼ばれることがある。 防空識別圏では、常時防空
8キロバイト (1,110 語) - 2021年3月16日 (火) 15:09


段々とエスカレートしてきている、
本当に衝突が迫ってきている!(-_-;)

【【最多】進入禁止!!!...台湾の防空識別圏 中国軍の戦闘機や爆撃機など合わせて延べ25機進入】の続きを読む


【緊迫】危ないwwwww!...中国軍15機、台湾の防空識別圏に進入、牽制する米ミサイル駆逐艦が海峡通過


中国軍15機、台湾の防空識別圏に進入 牽制する米ミサイル駆逐艦が海峡通過 「北京五輪の応酬がかかわる可能性も」
 台湾海峡の緊張が続いている。台湾国防部(国防省に相当)は7日、戦闘機12機を含む中国軍機計15機が同日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に進入したと発…
(出典:夕刊フジ)


ジョンSマケイン (英語: USS John S. McCain, DDG-56) は、アメリカ海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の6番艦。その名を持つ艦としては2隻目。 艦名はアメリカ海軍の提督ジョンSマケイン・シニアおよびジョンSマケイン・ジュニアに因む。ジョンSマケイン
15キロバイト (1,970 語) - 2021年1月14日 (木) 06:36


本当に緊迫してきている。
台湾、尖閣、南シナ海・・・有事は避けられないのか!?

【【緊迫】危ないwwwww!...中国軍15機、台湾の防空識別圏に進入、牽制する米ミサイル駆逐艦が海峡通過】の続きを読む


【進入】マジかよ!!!...中国軍の戦闘機10機、台湾の防空識別圏進入 空軍が対応


中国軍機10機、台湾防空圏進入 空軍が対応
…(台北中央社)国防部(国防省)は29日、中国軍の戦闘機など計10機が同日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に入ったと発表した。空軍による空中哨戒、警告、…
(出典:中央社フォーカス台湾)


J-16 撃-16 用途:戦闘爆撃機 製造者:瀋陽飛機工業集団 運用者: 中国 生産数:200⁺機(2020年11月) 運用開始:2014年 運用状況:現役 表示 J-16撃十六型、Jian-16、歼-16)は中華人民共和国の航空機メーカー、瀋陽飛機工業集団が開発した戦闘爆撃機である。2014
7キロバイト (770 語) - 2021年3月26日 (金) 15:20


覇権政策だ!
危険、危険、危険!

【【進入】マジかよ!!!...中国軍の戦闘機10機、台湾の防空識別圏進入 空軍が対応】の続きを読む


ラダック(英: Ladakh、チベット語: ལ་དྭགས་, la dwags)はインド北部にある旧ジャンムー・カシミール州東部の地方の呼称。広義には、ヒマラヤ山脈とカラコルム山脈に挟まれた一帯を指し、ザンスカールおよび、現在パキスタンの支配下となっているバルティスターンを含む。中華人民共和国との
35キロバイト (4,130 語) - 2021年1月20日 (水) 04:47



(出典 imgsrv2.voi.id)


両軍は最大で総勢10万人程度の兵士を配置してにらみ合っている、との情報です。
南シナ海、東シナ海でも衝突が起こる可能性大です。
中国の覇権政策がいろいろな所で衝突を起こしています。

1 ごまカンパチ ★ :2021/02/19(金) 23:03:44.65

FNN
https://www.fnn.jp/articles/-/146415
中国国防省は19日、インド軍と中国軍が2020年6月に国境紛争地帯で衝突した際、中国軍側に5人の死傷者が出ていたことを初めて明らかにした。

衝突はインド北部ラダック地方の中国とインドの係争地帯で起きた。
中国国防省は衝突当時、中国軍の兵士4人が死亡し、1人が重傷を負ったとして、死傷者に対し栄誉称号や勲章を贈ったと発表した。
また「外国軍が合意に違反し、境界線を越え挑発してきた」ため、中国軍の隊長らが交渉に向かったところ、こん棒などで攻撃されたと主張している。

この衝突をめぐってインド軍側は20人が死亡したと発表、インドメディアは中国側に数十人の死傷者が出ていると伝えていたが、
中国軍はこれまで被害の規模を明らかにしていなかった。

その後も中印のにらみ合いが続いていたが、中国国防省は10日、双方の部隊が紛争地帯から撤退を始めたと発表していた。
こうした中での今回の発表は、国境を守る兵士を称えることで、軍の引き締めを図る狙いがあると見られる。


【【衝突】中国軍・インド軍衝突 中国側に5人の死傷者・・・インド北部ラダック地方】の続きを読む

このページのトップヘ