となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

アジア系


ヘイトクライム(英: hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る、特定の属性を持つ個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる、嫌がらせ、脅迫、暴行等の犯罪行為を指す。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public
21キロバイト (2,865 語) - 2021年3月14日 (日) 09:18



(出典 www.okinawatimes.co.jp)


アジア系と言うのが嫌ですね、ほとんど無差別か?
スケープゴート:
集団内の不平や憎悪を他にそらすため、罪や責任をかぶせられ迫害される人。

1 Toy Soldiers ★ :2021/03/19(金) 09:56:54.99

(CNN) 米国のアジア・太平洋諸島系(AAPI)住民に対する暴力や嫌がらせ事案を調査している団体「ストップAAPIヘイト」は16日、同団体に寄せられた被害報告が昨年3月以来、少なくとも3795件に上ったと発表した。

同団体は昨年3月19日からAAPIに対する暴力や嫌がらせに関する統計を取り始め、同年末までに全50州と首都ワシントンから計3292件の被害報告が寄せられた。今年1月1日から2月28日までに寄せられた報告は少なくとも503件に上った。

同団体のウェブサイトを通じて寄せられた報告は、米国で起きているヘイト事案のごく一部にすぎないとしながらも、この数字は反アジア感情が今もはびこっていることを物語ると同団体は指摘する。

「ヘイト事案は減っていない。我々はアジア系米国人に対する憎悪を新型コロナウイルスや前政権のレガシーにしてはならない。だが具体的な行動を要求しなければ確実にそれが起きる」。同団体共同創設者のラッセル・ヨング・サンフランシスコ州立大学教授はそう訴える。

寄せられた被害報告のうち約68%は言葉による嫌がらせで、遠ざけられたりのけ者にされたりしたという訴えは約20.5%、身体的暴行を伴う事案は約11%だった。

発生場所は商店や事業所が35.4%、公道が25.3%、公園が9.8%。約11%はインターネットが絡んでいた。

被害報告を寄せたのは中国系が42.2%で最も多く、続いて韓国系14.8%、ベトナム系8.5%、フィリピン系7.9%の順だった。

米国ではここ数カ月の間にカリフォルニア州やニューヨーク州でアジア系住民が暴行される事件が相次ぎ、重傷者や死者も出ている。

https://www.cnn.co.jp/usa/35167907.html

関連スレ
【マッサージ】米マッサージ店連鎖銃撃事件、死者8人中4人が韓国人 繰り返す、死者8人中4人が韓国人      [Toy Soldiers★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1615958452/


【【スケープゴート】アメリカ...アジア系に対する暴力や嫌がらせ、2カ月で500件超す報告 中国系が42.2%】の続きを読む


【脅威】米アトランタのマッサージ店やスパ施設で銃撃事件、8人が死亡...アジア系ヘイトクライムか


マッサージ店で相次ぐ銃撃、8人死亡 被害者はアジア系か 米アトランタ
…アトランタ(CNN) 米ジョージア州アトランタ郊外のマッサージ店や市内のスパ施設で16日、銃撃事件が相次ぎ、当局によると8人が死亡、1人が負傷した。
(出典:CNN.co.jp)


ヘイトクライム(英: hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る、特定の属性を持つ個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる、嫌がらせ、脅迫、暴行等の犯罪行為を指す。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public
21キロバイト (2,865 語) - 2021年3月14日 (日) 09:18


アジア系の店のようです、
アメリカでアジア系ヘのイトクライムは広がっている。

【【脅威】米アトランタのマッサージ店やスパ施設で銃撃事件、8人が死亡...アジア系ヘイトクライムか】の続きを読む


ニウユエファーブー)は、ニューヨーク市マンハッタン区にある中華街である。 シヴィック・センター北、リトルイタリー南、トライベッカ東、ロウアー・イースト・サイド西に位置する。北米最大規模の中華街であり、西半球で最大の中国人移民人口を抱える。中国系移民が経営する商店が並び、漢字看板が目に付くエリアである。近年は本来
13キロバイト (1,123 語) - 2020年11月28日 (土) 03:27



(出典 torja.ca)


アメリカ各地でアジア系に対する暴行事件が増加しています。
日本人も当然危険です、今は近寄らない方が。

1 Felis silvestris catus ★ :2021/03/11(木) 06:55:24.65

https://www.recordchina.co.jp/b873085-s25-c30-d0198.html
中国メディアの中国新聞社は6日、米国メディアを引用して、米国ニューヨーク市で中国系住民が自警団を結成したと報じた。現地ではアジア系住人、特に高齢者を狙った暴力犯罪が多発しているという。

自警団の設立を思い立ったのは、サンディー・アンジェラ・ヤン(楊姍迪)さんとリッキー・シャオ・ヤン(楊暁東)さんという姉と弟。ニューヨークで最近になり、アジア系住人を襲う暴力事件が多発しており、しかも単独で行動する高齢者を狙う場合が多い。自分の親が外出した際の安全を心配するようになったことが、自警団を結成したきっかけだったという。

サンディーさんもリッキーさんも、マンハッタンの中華街で育った。しかし新型コロナウイルス感染症は経済に影響を与えただけでなく、中国系住民の安全問題にも難問を突き付けるようになったという。サンディーさんらは、「中華街は変わってしまった」と感じているという。

立ち上げた自警団の名は「プロテクト・チャイナタウン」。高齢者や、それ以外にも必要とする人を警護するボランティアは35人程度にまで増えた。警護を求めるには、電話かネットを通じて24時間前までに時間帯と出発点および到着地点の情報を添えて予約する。費用はかからない。ボランティアには英語と普通話(共通中国語)だけでなくて、広東や福建の言葉を話せる人もいる。

なお、ボランティアとして参加する人には新型コロナウイルス検査で陰性だった証明、またはワクチン接種の証明を求める。サンディーさんは、コミュニティーを守ることが、高齢者に感染リスクをもたらしたり、感染症対策に「ほころび」をもたらすことになってほしくないとの考えを示した。(翻訳・編集/如月隼人)


【【襲撃】ニューヨークの中国系住民が「自警団」を結成・・・アジア系襲撃事件】の続きを読む


【差別】アジア系差別反対で集会・・・ニューヨーク


NY アジア系住民へのヘイトクライム多発|日テレNEWS24
https://www.news24.jp/sp/articles/2021/02/24/10829137.html


アメリカへも行きにくくなった。
トランプ支持者は怖い。

【【差別】アジア系差別反対で集会・・・ニューヨーク】の続きを読む


ヘイトクライム(英: hate crime、憎悪犯罪)とは、人種、民族、宗教、性的指向などに係る、特定の属性を持つ個人や集団に対する偏見や憎悪が元で引き起こされる、嫌がらせ、脅迫、暴行等の犯罪行為を指す。アメリカ連邦公法によれば「人種・宗教・性的指向・民族への偏見が、動機として明白な犯罪 (Public
21キロバイト (2,806 語) - 2021年2月2日 (火) 17:43



(出典 www.newsweekjapan.jp)


犬肉は、中国や韓国、ベトナム、インドネシアの非イスラム社会などのアジア諸国で現在も食べられている。
日本人にはなかなか受け入れられないですね。
一方で、捕鯨反対運動もあります、世界ではありとあらゆる動物が人間に食されています。

1 首都圏の虎 ★ :2021/02/21(日) 14:18:29.92

 【ニューヨーク=杉藤貴浩】米西海岸を中心に、アジア系市民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)が相次いでいる。先月末にはタイ系男性(84)が歩行中に襲われ死亡。人権団体の調査では、新型コロナウイルス流行後の昨年中、身体的暴力を伴うケースだけで全米で約240件発生しており、沈静化の兆しが見えない。

 タイ系男性の事件は西部カリフォルニア州サンフランシスコで発生。地元メディアによると、住宅街を1人で散歩していた男性に、長身の少年(19)が突然駆け寄って激しく体当たりし、男性は転倒後に死亡した。家族は「コロナ以降、われわれは反アジア的な暴言を浴びてきた」と話し、事件が憎悪犯罪だったと指摘。少年は殺人容疑で逮捕された。
 同州内では、中国人街でのアジア系女性(52)への銃撃や、歩行中の男性(91)への暴行なども年明けから相次いで発生。いずれも憎悪犯罪が疑われている。とりわけ男性への暴行事件は、何者かが背後から突然突き飛ばす監視カメラの映像がネットで拡散。アジア系ハリウッド俳優2人が「我慢の限界だ」として、犯人につながる情報に懸賞金2万5000ドル(約263万円)を申し出るなど世論も沸騰している。
 米メディアは相次ぐ事件について、新型コロナを「中国ウイルス」などと呼んだトランプ前大統領の影響を指摘。アジア系の人権団体「ストップ・AAPI・ヘイト」によると、暴言や施設でのサービス拒否なども含めたコロナ後のヘイト事例は昨年だけで約2800件あった。被害の民族別の割合は中国系40・7%、韓国系15・1%、ベトナム系8・2%。「ウイルス、地獄に落ちろ」「あなたが犬を食べるから(自分の)犬が怖がっている」などといった差別発言も次々報告された。
 バイデン大統領は先月、アジア系に対する偏見を非難し、司法省などに対策を命じる大統領令に署名している。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/87251


【【憎悪】銃撃、暴行 米国でアジア系住民へのヘイトが激化...「犬を食べるから…」】の続きを読む

このページのトップヘ