となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

気になるニュース


武田 良太(たけだ りょうた、1968年4月1日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(6期)、総務大臣(第24代)。 自由民主党幹事長特別補佐兼副幹事長、防衛副大臣(第2次安倍内閣)、衆議院安全保障委員長、防衛大臣政務官(福田康夫改造内閣・麻生内閣)、国家公安委員会委員長
24キロバイト (2,999 語) - 2021年8月7日 (土) 13:46


テレビのネット配信は時代の流れ、早く普通に見れるようにしてほしい。

1 樽悶 ★ :2021/09/24(金) 05:17:08.12

“社会実証”を要請する武田良太総務大臣

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


 いまや10代、20代の半数がテレビを見ないといわれる中、総務省は「みなさまの」NHKに対し、テレビを持たない人を対象としてネット配信を行う“社会実証”の実施を要請した。

「NHKには技術的な検証のほか、ネット配信の意義やニーズを探ってもらうことになります」(総務省)

 NHKは昨年春から、ネットで番組の同時配信や見逃し配信を視聴できるサービス「NHKプラス」をスタートさせている。ただ、登録できるのは基本的に受信契約者のみ。その点、今回の社会実証は未契約者の利用を前提としており、ネット独自のコンテンツ配信に期待する声もあるものの、「NHKには受信料未払い者をあぶり出せるおまけがつく」といった笑えない風評も聞かれる。

 NHKのネット進出には、何より民放の警戒感と反発は強まるばかりだ。「ネットでの同時配信は民放にとってほぼ未着手。コロナ禍で民放の収入が不安定化する折、受信料収入で潤うNHKにますます先行を許してしまう」という“民業圧迫論”だが、放送ジャーナリストの小田桐誠氏は、

「民放はNHKの肥大化を批判しますが、本音をいえば“ありがたい”部分もあるとは思います」

 と言うのである。

「NHKが先陣を切ってネットで成功すれば、その手法は自分たちの参考になる。しかし、民放はネット配信では従来の地上波で得られたような高額のCM料は期待できず、そこが最大の悩みどころ。やはりまったく新しいビジネスモデルが問われている形です」(同)

 NHKの受信料問題に詳しい早稲田大学教授の有馬哲夫氏は、人々の視聴習慣は簡単に変わらないと見る。

「ネットフリックスやアマゾンプライムなど魅力あるコンテンツ事業体に触れた人たちを、NHKに振り向かせることができるのか。放送業界は許認可に守られた寡占体質でしたが、ネットは実力と資本がモノを言う過当競争の世界。伍していくのは容易じゃありません」

 これまで地上波でNHKに馴染んでいた中高年齢層までネットに移行すれば、小田桐氏の指摘にあるように、放送界がやがて丸ごと「CM収入激安」のネット界に放り出され、商売苦に喘ぐことにもなろう。

「NHKと民放が大同団結して日本版アマゾンプライムのような共通プラットフォームを設け、従量制で番組に課金するような仕組みをつくる以外に生き残る道はないでしょう」(有馬氏)

 ネットに注力すればするほど実入りの少なさに直面して苦しむのはメディア共通の悩み。政府肝煎りの実験で誰も望まぬ未来が開く?

デイリー新潮 9/20(月) 5:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210920-00775260-shincho-soci


【放送と通信どうなる!!!...NHKはネット配信実験へ 民放も含め自分たちの首を絞めることになる?】の続きを読む


ウォーターサーバー (Water Server) とは、交換式のタンクから冷水や熱水を供給する機器。水の容器をガロンボトルという。 なお、呼称自体は和製英語であり、英語圏では"Water Dispenser"(ウォーターディスペンサー)と呼ばれる。 ウォーターサーバー
3キロバイト (374 語) - 2021年8月29日 (日) 05:37


状況によっては使えそうだ。
電気代が問題か!?

1 ソホスブビル(愛知県) [US] :2021/09/23(木) 07:23:55.25


「空気」から「飲み水」製造 ウォーターサーバー開発 避難所での設置も想定 大分
2021年9月22日 水曜 午後9:04 テレビ大分

通常のウォーターサーバーは水の入ったタンクを取り換える必要があるが、大分県由布市の会社が水の補給がいらないウォーターサーバーを開発した。

どういう仕組みなのか?取材した。
ボタンを押すと出てくる透き通った水。普通のウォーターサーバーのようだが実は変わった特徴が。

◆デンケン 本田太郎常務
「電気だけあればどこでも水が作れるのが特徴」

手がけたのは電子機器の開発などを行う由布市のデンケン。
サーバーには低温のガスが流れる金属製の配管が内蔵されていて、そこに空気中の水分が結露して水ができる仕組みになっている。
出来た水は6層のフィルターで不純物を取り除くなどし、紫外線によって清潔に保つ。
商品のキャッチコピーは「空気を飲もう」。開発のきっかけとなったのは由布市で震度6弱を観測した5年前の地震だった。

◆デンケン 本田太郎常務
「2016年の熊本・大分地震で地元の大分も色んなインフラがかなり打撃を受けたがその中で水道の復旧に時間がかかったということがあった。
災害時に安定した水の供給が出来るものはないかということで開発に至った」

温度や湿度によって左右されるが1日で最大20リットルあまりの水を作り出せるという。
避難所への設置も想定したウォーターサーバー。
デンケンは10月から企業や自治体などを対象にレンタルを始める予定だ。

https://www.fnn.jp/articles/-/243046

(出典 fnn.ismcdn.jp)


【【一石二鳥】コンセントのみで稼働。空気中の湿気から飲み水を作るウォーターサーバー】の続きを読む


神奈川県警察(かながわけんけいさつ、Kanagawa Prefectural Police)は、神奈川県が設置した警察組織。神奈川県を管轄区域とし、神奈川県警と略称する。給与支払者は神奈川県知事であり、神奈川県公安委員会の管理を受ける。関東管区警察局管内。本部所在地は横浜市中区海岸通2丁目4番地、庁舎は20階建て91
27キロバイト (1,635 語) - 2021年9月19日 (日) 15:05


こういうのは、歌の世界かゲームの世界だけにしておこう。
尾崎豊w

1 シャチ ★ :2021/09/21(火) 20:03:15.05

 オートバイなどで集団暴走したとして、神奈川県警交通捜査課などは21日、横浜市港南区に住む会社員の少年(16)ら23人を道交法違反(共同危険行為)などの疑いで書類送検したと発表した。23人は暴走族グループ「不死鷹(ふしちょう)」のメンバーで、調べに対し「自由でいたくて、ルールに縛られたくなかった」などと供述しているという。

 書類送検容疑は2020年6月13日午後10時ごろ、横浜市泉区の県道で、オートバイや原付きバイク計14台に乗って信号無視や広がり走行などの危険行為を繰り返したなどとしている。いずれも容疑を認めているという。

 交通捜査課によると、23人のうち6人は無免許だった。不死鷹は同区周辺で活動しており、当時14~19歳の少年約30人のメンバーがいたという。【牧野大輔】

9/21(火) 17:42配信 毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/a91c18f7e61cc843fcb2a7d97c0c3ef13564add3

2021/09/21(火) 18:29:22.64
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632216562/


【自由になれた気がした15の夜!...暴走族「不死鷹(ふしちょう)」のメンバー23人を書類送検 バイクで集団暴走 「ルールに縛られたくなかった」などと供述】の続きを読む


竹の塚警察署(たけのつかけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署の一つである。第六方面本部所属。 足立区の北部を管轄する。 員数およそ280名、識別章所属表示はSJ。 東京都足立区保木間一丁目16番4号 最寄駅:東武鉄道東武スカイツリーライン竹ノ塚駅 代用監獄(留置場) 足立区のうち、以下の町丁の全部を管轄。
5キロバイト (495 語) - 2020年6月11日 (木) 21:56


良く分からない事件、ウーン(-_-;)

1 速報 ★ :2021/09/21(火) 13:36:45.57

「ワクチン接種会場で血祭り」暴力団騙った男を逮捕
9/21(火) 11:34配信

 新型コロナワクチンの接種会場を血祭りにするなどと書いたファクスを東京・足立区の警察署に送り、業務を妨害したとして、38歳の男が逮捕されました。

 神林修二容疑者は19日、警視庁・竹の塚警察署に「殺害予告状」と題したファクスを送り、警察の業務を妨害した疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、神林容疑者は実在しない暴力団を名乗り、予告状に「区内のワクチン接種会場で血祭りが起きるぞ。傘下の者を使い、最高の祭りにする」などと書いていました。

 神林容疑者は「コロナの影響で働けなくなり、たまったうっぷんを晴らしたかった」などと供述し、容疑を認めています。

 警視庁はこのファクスを受けて、区内24の接種会場で警戒にあたりました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/df74488464cb7dea708a8c6e8b8eeee86c2b087b


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【なんだかなぁー...「ワクチン接種会場で血祭りに」FAX予告状 暴力団騙った38歳男を逮捕】の続きを読む


顔認識システム(かおにんしきシステム、英語: Facial Recognition System)とは、監視カメラのデジタル画像から、人を自動的に識別するためのコンピュータ用アプリケーションである。ライブ画像内のと思われる部分を抜き出し、顔面画像データベースと照合することで識別を行う。
37キロバイト (5,378 語) - 2021年8月19日 (木) 07:40


当然厳しい法律と、運用が求められる。
しかし、必ずいずれ個人情報悪用的な問題が起こるのだろう!?
ハッキングされたら恐ろしい。

1 BFU ★ :2021/09/21(火) 10:23:05.64

https://news.yahoo.co.jp/articles/425b0a67ba4ca873b193d0a9deae32f70ea42e66

JR東日本が7月から、顔認識カメラを使って、刑務所からの出所者と仮出所者の一部を駅構内などで検知する防犯対策を実施していることが、わかった。必要に応じて手荷物検査を行うとしている。刑期を終えた人らの行動が監視、制限される可能性があり、議論を呼びそうだ。


 JR東や関係者によると、検知の対象は、〈1〉過去にJR東の駅構内などで重大犯罪を犯し、服役した人(出所者や仮出所者)〈2〉指名手配中の容疑者〈3〉うろつくなどの不審な行動をとった人。

 JR東は、これらの対象者の顔情報をデータベースに登録。主要110駅や変電所などにはネットワーク化されたカメラ8350台が設置されており、映った人の顔情報と登録された顔情報を自動照合する。実際に使用するカメラの台数は公表されていない。


続きはソースにて

※前スレ
★1
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632184264/


【【監視】悪用されないだろうか!?...JR東日本、服役した人ら駅のカメラで検知】の続きを読む


八代の謝罪に対しても、志位共産党委員長は「虚偽発言への撤回・謝罪になっていない」とツイートし、ジャーナリスト江川紹子は「八代氏のは、自分の発言は政府の見解に沿ったもの、という『弁解』であって、共産党綱領にないことを『ある』とした虚偽コメントへの『謝罪』とは言えませんね」と指摘している。 八代発言
26キロバイト (3,310 語) - 2021年9月19日 (日) 09:32


2度も謝罪しているが。
それに、『暴力的な革命』という記載はないらしいが、あながち誤りではない。

1 孤高の旅人 ★ :2021/09/21(火) 07:54:52.17

スポンサーCM見合わせ…八代発言で『ひるおび!』打ち切り危機も
9/21(火) 7:32配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/996881b2c0e8e09daf510542d31c5bde5c712787

9月10日に放送された情報番組『ひるおび!』(TBS系)内での八代英輝弁護士の発言が物議をかもし、いまだ炎上が続いている。

同番組内で八代氏は、

「共産党は『暴力的な革命』というものを、党の要綱として廃止していませんから」

と発言した。

しかし日本共産党の綱領(八代氏は要綱と言い違えている)を読んでも、そんな文言はない。明らかに事実誤認であることがわかる。ラサール石井氏は日刊ゲンダイのコラムで、

《ワイドショーでのたわ言と看過するには酷すぎる暴言》

と怒りを表している。

悪質なデマだということで共産党は即刻、TBSに抗議した。抗議を受けてTBSは13日放送の『ひるおび!』で謝罪することになったのだが、この放送での八代氏の謝罪がさらに炎上を引き起こすことになった。

局アナが謝罪した後に彼はこう語った。

「私の認識は閣議決定された政府見解に基づいたものでした。一方、日本共産党はそれを度々否定していることを合わせて申し上げるべきでした」

これを聞いて「なんだ、これ?」と思った人は多いだろう。彼の釈明では、

“(共産党の綱領に『暴力的な革命』と明記されているということは)政府が閣議決定したことで、政府も認めていること”

だから間違いじゃないと言っているわけで、自分が嘘を言ったことに対する謝罪ではない。

そのうえで“共産党が否定している”と付け加えなかったことを謝罪しているだけだ。ポイントがずれていることが誰でもわかる。これには共産党はもちろんSNSや各方面からも抗議や非難の声が上がった。

ジャーナリストの江川紹子氏はTwitterで、

《八代氏のは、自分の発言は政府の見解に沿ったもの、という「弁解」であって、共産党綱領にないことを「ある」とした虚偽コメントへの「謝罪」とは言えませんね》

と発言している。

まさにその通りで、共産党も再びTBSに抗議した結果、17日の放送で八代氏は再び謝罪した。それでも炎上は収まりそうもない。これにはTBS局内からも、非難の声が上がっており、

「芸人やタレントの発言ではなく、国際弁護士ですからね。言葉の重みが違います。しかも総選挙を前にしてデマをとばして一政党を貶めたわけです。公共の電波を使ってネガティブキャンペーンを張ったも同然ですから、罪は重いですよ。

これが自民党に対する発言だったら即、降板となっていたでしょう。あんな謝罪で済ませようとした番組サイドの良識を疑われてもしかたないですね」(TBS関係者)

たしかにネガティブキャンペーンだ。一部の視聴者が、日本共産党が暴力革命を標榜していると思いこむ人が出たとしても不思議ではない。

八代氏の言っていた閣議決定とは、16年3月22日に当時の安倍(晋三)政権が日本共産党について、

《現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である》
《『暴力革命の方針』に変更はない》

との答弁書を閣議決定したことを指している。破防法とは、「暴力主義的破壊活動」を行った団体に対する規制措置などを定めた法律で、長年共産党がその調査対象になっていたのは事実である。

たしかに破防法適用のための調査機関である公安調査庁(公安庁)のレポート「内外情勢の回顧と展望」でも、イスラム国、アルカイダなどの国際テロ組織を始め、北朝鮮・朝鮮総連、オウム真理教、過激派セクト、右翼団体などとともに、日本共産党について述べられている。全国紙社会部記者がこう語る。

「破防法が作られたのは東西冷戦下の‘52年で、もともと共産党を排除する政治的な目的でつくられた法律です。公安庁も共産党を取り締まることを最大目的にしてきました。

それから70年が経ついまでも《共産党が『暴力革命の方針を変更していない』》と結論付けているのは、公安庁を廃止させないための詭弁ではないでしょうか」

しかし、この閣議決定にも《共産党の綱領に『暴力革命』が記されている》とはない。八代氏は二重に誤認していることになる。

以下はソース元


【【テレビ】スポンサーCM見合わせ…八代発言で『ひるおび!』打ち切り危機も】の続きを読む

このページのトップヘ