となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

ドイツ


ウクライナ国内でのみ使用する!!!...独も多連装ロケット供与へ ウクライナに、米と協調


独も多連装ロケット供与へ ウクライナに、米と協調
 【ベルリン時事】複数のドイツ・メディアが1日に報じたところによると、独政府はロシアの侵攻を受けるウクライナに対し、独連邦軍が保有する多連装ロケット…
(出典:時事通信)


多連装ロケット砲(たれんそうロケットほう)は、複数のロケット弾を一斉発射することを目的としたロケット砲である。多連装ロケットランチャーや多連装ロケット弾発射機などとも表現される。英語では multiple rocket launcher(マルチプルロケットランチャー), MRL あるいは multiple
12キロバイト (1,312 語) - 2022年5月28日 (土) 05:33


これで戦況は変化するのか!?

【ウクライナ国内でのみ使用する!!!...独も多連装ロケット供与へ ウクライナに、米と協調】の続きを読む


ドイツも支持を表明した!!!...EU、ロシア産石油の段階的禁輸を提案-9日までの決定目指す


フォンデアライエン委員会(英語: Von der Leyen Commission)は、ウルズラ・フォンデアライエン委員長として2019年12月1日に発足した欧州委員会である。委員長の出身国であるドイツ以外の各加盟国から1人ずつ選ばれた委員によって構成される(ただしEUからの離脱が予定さ
12キロバイト (303 語) - 2022年4月12日 (火) 15:15


ドイツも支持を表明している、日本はどうする!?
ロシア制裁第6弾の一部、6カ月間で段階的に禁止する。

【ドイツも支持を表明した!!!...EU、ロシア産石油の段階的禁輸を提案-9日までの決定目指す】の続きを読む


2022年3月23日閲覧。 ^ “【演説全文】ウクライナ ゼレンスキー大統領 何を語った?”. NHK (2022年3月15日). 2022年3月17日閲覧。 ^ 大塚真子 (2022年3月16日). “ゼレンスキー・ウクライナ大統領がカナダ議会で演説、飛行禁止や対ロ制裁強化を訴え”. JETRO
53キロバイト (6,367 語) - 2022年4月11日 (月) 15:08
「他国民の血で金稼いでいる」とは、チョッと意味が分からないが・・・
ロシアからの石油輸入を止めるべき、と言っている!

1 どどん ★ :2022/04/15(金) 14:21:02.90

ウクライナのゼレンスキー大統領は、ドイツなどがロシアからの石油輸入を続けているとして、「他国民の血で金を稼いでいる」と批判した。

これは、ゼレンスキー大統領がBBCのインタビューで答えたもので、ドイツとハンガリーを名指しし、2つの国が、ロシアからの原油の輸入禁止を阻んでいると批判した。

ゼレンスキー大統領は、さらに「今は、ビジネスや金の問題ではなく、生存の問題だ」として、あらためてロシアからエネルギーなどを輸送する国をけん制している。

一方、ドイツ側は、シュタインマイヤー大統領が12日、ウクライナ訪問を調整していたものの、拒否されたとしていて、反発している。

FNN

https://news.yahoo.co.jp/articles/2b7674aaee1ce2ad61271fdc90ff353ab69dad63


【ドイツも苦しい、経済破綻するかもしれない!!!...ゼレンスキー氏、ドイツ名指し批判 「他国民の血で金稼いでいる」】の続きを読む


オーラフ・ショルツ(ドイツ語: Olaf Scholz、1958年6月14日 − )は、ドイツの政治家。同国第9代首相(在任: 2021年12月8日 - )。 所属政党はドイツ社会民主党(SPD)で労働・社会保障大臣、ハンブルク第1市長、副首相および財務大臣を歴任した。
13キロバイト (1,249 語) - 2022年2月24日 (木) 10:50


ドイツ凄い!アメリカに続いて武器供与2国目、日本も、他国も続け!
対戦車兵器1000発と近距離の敵を狙う携帯型地対空ミサイル「スティンガー」500発を供与

1 どどん ★ :2022/02/27(日) 08:20:02.83

 ドイツのショルツ首相は26日、ロシア軍の侵攻を受けるウクライナに対し、これまでの方針を転換して武器を提供すると表明した。ロシアへの配慮もあり、武器供与には慎重姿勢を貫いてきたが、ロシアが一線を越えたと判断した。

 ショルツ氏はツイッターに「ロシアの侵攻が転機だ。プーチンの侵略軍から防衛するために、力の及ぶ限りウクライナを支援することが我々の義務である」と投稿。ウクライナに対し、対戦車兵器1000発と近距離の敵を狙う携帯型地対空ミサイル「スティンガー」500発を供与すると明らかにした。

 かねてドイツに武器供与を求めてきたウクライナのゼレンスキー大統領は、ツイッターで「その調子だ、ショルツ首相。反戦連合が活動中だ!」と歓迎した。

 ドイツは、北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)非加盟国の紛争地域への武器輸出を法律で原則禁じていることなどを理由に、ウクライナへの殺傷能力のある武器供与を拒み、同盟国などからロシアに弱腰だと批判を浴びていた。

 独政府は、ロシアとドイツを結ぶ海底ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」への制裁にも消極的だったが、ロシアがウクライナ東部の親露派支配地域の「独立」を承認したことを受け、認可手続きの停止も決定。ロシアへの態度を硬化させている。【ベルリン念佛明奈】

毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/bf72c74999e237393001a9aa02a10ec27aaa7b82

※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1645914749/


【ドイツ凄い!日本も、他国も続け!!!...ドイツ、ウクライナに武器供与へ 慎重姿勢転換】の続きを読む


G7(ジーセブン)は、英語: Group of Seven(グループ・オブ・セブン)の略で、フランス、アメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダで構成される政府間の政治フォーラムである。メンバーは世界最大の国際通貨基金の先進国であり、最も裕福な自由民主主義国であり、グループは多元主義
35キロバイト (2,728 語) - 2022年2月14日 (月) 13:08


さて、プーチン大統領はどう出ますか!
北京五輪が終わった時が正念場か?

1 夜のけいちゃん ★ :2022/02/19(土) 23:47:24.14

2/19(土) 21:07

 【ミュンヘン共同】日米欧の先進7カ国(G7)は19日、ウクライナ情勢を巡る緊急外相会合をドイツのミュンヘンで開いた。ロシアがウクライナ国境周辺で軍備を増強していることに「重大な懸念」を示し、侵攻した場合は甚大な代償を払わせることで一致した。ロシアに緊張緩和措置を求め、対話を継続する方針も確認した。

 林芳正外相とドイツのベーアボック外相がそれぞれ記者団に明らかにした。24日にオンライン開催するG7首脳会議へ地ならしを進めた。

 ベーアボック氏は記者会見で、G7はロシアとの対話継続方針を確認したと強調。「過ちを犯さず、対話に応じるべきだ」とロシアに呼び掛けた。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/e1dfa3d954e32f58c32c051b823c50b8e1ca6622


【ロシアへの「甚大な代償」とは!!!...侵攻なら「甚大な代償」で一致 ウクライナ情勢でG7外相】の続きを読む


ウクライナ Україна 国の標語:Воля, злагода, добро (ウクライナ語: 自由、調和、善良) 国歌:Ще не вмерла Україна(ウクライナ語) ウクライナは滅びず ウクライナウクライナ語: Україна、[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパにある国である
160キロバイト (18,720 語) - 2022年1月26日 (水) 20:06


供与すればいいってものでもない、
もっと基幹の武器が欲しい!

1 マスク着用のお願い ★ :2022/01/27(木) 09:35:15.93

https://www.jiji.com/sp/article?k=2022012700215&g=int
独、ヘルメット5000個供与 ウクライナから失望の声

【ベルリン時事】ドイツ政府は26日、ロシアとの緊張が高まるウクライナに対し、軍用ヘルメット5000個を供与すると発表した。ただ、ドイツ製の軍艦などの提供を求めてきたウクライナ側からは、「言葉を失った」(クリチコ・キエフ市長)などと失望の声が出ている。

ドイツのランブレヒト国防相は26日、ヘルメットの供与は、ウクライナへの連帯を示す「明確なシグナルだ」と強調した。ドイツは世界4位の武器輸出大国だが、昨年12月に発足した新政権は「抑制的」輸出政策を掲げ、ウクライナへの供与も拒否。対ロ支援で米英やバルト3国などがウクライナに武器を送ることを決める中で、ドイツも歩調を合わせるべきだとの圧力は高まっている。

2022年01月27日06時25分
時事通信


【供与すればいいってものでもない!!!...ドイツ ウクライナに軍用ヘルメット5000個を供与 ウクライナ側からは「言葉を失った」】の続きを読む

このページのトップヘ