外交ニュースまとめ|中国・韓国・北朝鮮

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースの『まとめ』を発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

昭和のスター


【座頭市】伝説の役者 勝新太郎


俳優の高橋克実は「芸能界一の勝新マニア」を名乗り、TBSの田中裕二&カズレーザー司会の番組で勝新を語ったことがある。 座頭市シリーズ 座頭市物語(1962年) 続・座頭市物語(1962年) 新・座頭市物語(1963年) 座頭市兇状旅(1963年) 座頭市喧嘩旅(1963年) 座頭市千両首(1964年) 座頭市あばれ凧(1964年)
65キロバイト (8,213 語) - 2021年1月21日 (木) 03:14



前代未聞の豪傑俳優・勝新太郎!
妻、中村玉緒
“勝新”の通称で知られる勝新太郎さんです。生涯の出演作品は、192本。人間味溢れる、よりリアルな演技を追及し続けた映画界の革命児と評され、未だに伝説の役者と言われています。しかし、その私生活は豪快かつ、あまりに破天荒であった。
1997年6月21日、勝新太郎さんは、「下咽頭ガン」のためなくなります。享年65でした。
座頭市の居合い抜き、盲目でありながら研ぎ澄まされた感性、勧善懲悪、瞬きもせず見ていたものです。棒を持ち、白目をむいて真似をしたのが懐かしい。

【【座頭市】伝説の役者 勝新太郎】の続きを読む


『伝説のスキヤキソング 坂本九』


坂本 (さかもと きゅう、出生名:坂本 (- ひさし)、本名:大島 (おおしま ひさし)、1941年(昭和16年)12月10日 - 1985年(昭和60年)8月12日)は、日本の俳優・タレント・歌手・司会者。神奈川県川崎市川崎区出身。愛称はちゃん。 妻は女優の柏木由紀子。柏木との間に娘が2人
76キロバイト (5,982 語) - 2020年12月9日 (水) 08:06



1985年(昭和60年)8月12日、日本航空123便が群馬県多野郡上野村の山中に墜落した。乗客乗員524人のうち死亡者数は520人、生存者は4人であった。
坂本九はこの事故で亡くなりました。この時、芸能界のみならず日本中に衝撃が走りました。

【『伝説のスキヤキソング 坂本九』】の続きを読む


『伝説のアイドル 山口百恵』についてまとめてみた


山口 百恵(やまぐち ももえ、1959年(昭和34年)1月17日 - )は、日本の元歌手、女優。活動時の所属事務所はホリプロで、レコード会社はCBSソニーに所属していた。 本名は三浦 百惠(みうら ももえ、旧姓:山口)で、芸能界引退後に三浦百恵名義で作詞を行っている。夫は俳優の三浦友和(1980年1
64キロバイト (5,186 語) - 2020年12月9日 (水) 03:14



 人気絶頂の中、21歳で引退。その後は芸能界の表舞台には一切姿を見せることなく、伝説となった山口百恵。
印象に残る、個性豊かな歌手です。なぜか今でも色あせない、引退時の意志の強さ、いさぎの良さが感じられるためと思います。

【『伝説のアイドル 山口百恵』についてまとめてみた】の続きを読む


『昭和の歌謡曲 ザ・ピーナッツ 奇跡のハーモニー』についてまとめてみた


ピーナッツ (The Peanuts) は、日本の双子の元女性歌手(デュオ)、女優である。愛知県知多郡常滑町(現・常滑市)生まれ、同県名古屋市育ち。略称「ピーナッツ」。 発売したシングル、LPの累計売上は1000万枚以上に達する。 姉 伊藤エミ(本名、澤田 日出代(さわだ ひでよ)(旧姓、伊藤)1941年(昭和16年)4月1日
44キロバイト (4,053 語) - 2020年11月15日 (日) 16:05



昭和の歌謡界を駆け抜けた双子のデュオ「ザ・ピーナッツ」その絶妙なハーモニーは私たちの記憶に深く刻まれている。
「恋のバカンス」、「情熱の花」は奇跡のハーモニー。(YouTube動画あります)

【『昭和の歌謡曲 ザ・ピーナッツ 奇跡のハーモニー』についてまとめてみた】の続きを読む


『永遠の美空ひばり』 まとめ


美空 ひばり(みそら ひばり、1937年(昭和12年)5月29日 - 1989年(平成元年)6月24日)は、日本の歌手、女優、実業家。神奈川県横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園高等部(現・東海大学付属市原望洋高等学校)卒業。 9歳でデビューして天才少女歌手と謳われて以後、歌謡曲・映画
169キロバイト (20,772 語) - 2020年11月26日 (木) 23:50



戦後の日本歌謡界最大のスターとして今日まで語られる伝説的女性歌手。
63〜71年に紅白歌合戦のトリをつとめ続けた。89年に52歳の短い生涯を閉じた。
「愛燦燦」など今でもカラオケなどで歌い継がれている、
懐かしのメロディー。

【『永遠の美空ひばり』 まとめ】の続きを読む


『石原裕次郎ノスタルジー』 まとめ


石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 - 1987年(昭和62年)7月17日)は、日本の俳優、歌手。石原プロモーション創立者で、初代代表取締役社長兼会長。ヨットマンとしても活動していた。昭和を代表する俳優・タレントとされている。2000年に発表された『キネマ旬報』
54キロバイト (7,496 語) - 2020年11月12日 (木) 07:29



今年は、「昭和の大スター 石原裕次郎」の33回忌となる。
1987年(昭和62年)7月17日、石原裕次郎は52歳で亡くなった。肝細胞癌だった。
この大スターの死で、「昭和の終わり」が始まった。
もうインターネットの世界で取り上げられることは少なくなった。知る人ぞ知るノスタルジー。
ご存知でしょうか、裕次郎の兄は慎太郎、慎太郎の子が伸晃、良純、そして小泉純一郎家は親戚関係にあります。

【『石原裕次郎ノスタルジー』 まとめ】の続きを読む

このページのトップヘ