外交ニュースまとめ|中国・韓国・北朝鮮

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースの『まとめ』を発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

囲碁


『囲碁 一力遼 天元位を奪取』についてまとめてみた



一力遼碁聖(23)が対井山6度目の七大タイトル挑戦で初めてタイトルを奪取した。
過去4年間でタイトル戦を5度井山に挑戦し、いずれも退けられていたが、ついに天元位戦で勝ちました。おめでとう! 芝野虎丸とともに新風が吹いてきた、しかし井山も好調継続している、面白くなりそうです。

【『囲碁 一力遼 天元位を奪取』についてまとめてみた】の続きを読む


『囲碁 藤沢里菜女流3冠が公式棋戦で初優勝』 まとめ


藤沢 里菜(ふじさわ りな、1998年9月18日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁の女流棋士、四段。埼玉県出身。藤沢秀行名誉棋聖門下。 第33・35・37期女流本因坊、第29・30・31期女流名人、第1・4回・5・6・7期女流立葵杯、第2・4回扇興杯優勝。多数の最年少記録を保持している。 藤沢
29キロバイト (3,553 語) - 2020年11月22日 (日) 14:12



囲碁の藤沢里菜女流3冠が、女流棋士として初めて男女混合の公式棋戦を制した。
広島アルミ杯・若鯉戦
11才のプロ棋士 仲邑 菫ちゃんも楽しみだが、藤沢里菜は祖父に故藤沢秀行名誉棋聖、父に藤沢一就八段をもつ“サラブレッドだ。

【『囲碁 藤沢里菜女流3冠が公式棋戦で初優勝』 まとめ】の続きを読む


『11才のプロ棋士 仲邑 菫』についてまとめてみた


仲邑 (なかむら すみれ、2009年3月2日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士、初段(2019年4月)。東京都出身。仲邑信也九段門下。2019年4月、日本棋院の棋士採用試験で新設された英才特別採用推薦棋士第1号として入段し、日本棋院に所属する棋士のプロ入り最年少記録(10歳0か月)を樹立した。
19キロバイト (2,648 語) - 2020年9月19日 (土) 07:23



2009年3月2日生まれ、英才特別採用推薦棋士第1号として入段した最年少のプロ棋士です。なんとも愛らしいですね。
日本の囲碁界は、世界戦では中国、韓国などに勝てなくなっています。日本棋院はプロ棋士の底上げを図るため、英才教育に力を入れようとしています。

【『11才のプロ棋士 仲邑 菫』についてまとめてみた】の続きを読む


『囲碁 井山裕太』についてまとめてみた


井山 裕太(いやま ゆうた、1989年〈平成元年〉5月24日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士。九段。大阪府東大阪市出身。石井邦生九段門下。名誉棋聖・名誉天元・名誉碁聖の名誉称号資格保持者(年齢未達)、二十六世本因坊。号は本因坊文裕(ほんいんぼう もんゆう)。
86キロバイト (9,316 語) - 2020年10月20日 (火) 12:19



囲碁界で7つあるタイトルを独占する「七冠」を2度も達成した、若き第一人者の井山裕太。
今は四冠であるが、その驚異の頭脳と集中力は神に近い。天才、神童といわれ、英才教育を受けたプロ棋士の中で頂点を維持し続けるのは神だ。

【『囲碁 井山裕太』についてまとめてみた】の続きを読む

このページのトップヘ