外交ニュースまとめ|中国・韓国・北朝鮮

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースの『まとめ』を発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

中国


【separation line】ど、どうやって~???...中国、世界最高峰エヴェレスト山頂に「分離線」...ネパール側の感染者との接触警戒


中国がエヴェレスト山頂に「分離線」 ネパール側の感染者を警戒
…中国は、ネパールとの国境にまたがる世界最高峰エヴェレストの山頂に「分離線」を設置する方針を明らかにした。国営の新華社通信が9日に報じた。ネパール側の…
(出典:BBC News)


エベレストエヴェレスト(英: Everest)、またはチョモランマ(チベット語: ཇོ་མོ་གླང་མ Chomolungma, Qomolangma)、サガルマータ(ネパール語: सगरमाथा Sagarmāthā)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰の山である。 山頂は、ネパールと中国との国境上にある。
68キロバイト (9,692 語) - 2021年3月6日 (土) 16:29


南シナ海の九段線を思い出させる。
まさか、ネパール側も中国の領土と言い出すのでは(-_-;)?

【【separation line】ど、どうやって~???...中国、世界最高峰エヴェレスト山頂に「分離線」...ネパール側の感染者との接触警戒】の続きを読む


近平(しゅう きんぺい、シー・チンピン、簡体字: 习近平、繁体字: 習近平、拼音: Xí Jìnpíng(シー・ジンピン)、1953年6月15日 - )は、中華人民共和国の政治家。同国第5代最高指導者(在任: 2012年11月15日 - 現職)。第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代党中央軍
124キロバイト (17,602 語) - 2021年5月10日 (月) 02:44



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


何で今?、習近平が支持。
中国包囲網がらみか? 北京オリンピックがらみか?
なんだか素直には受け止められない!

1 ramune ★ :2021/05/10(月) 10:41:15.98

[北京 7日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は7日、国際オリンピック委員会(IOC)と引き続き協力して東京五輪を支持し
、開催に向けたIOCとのワクチン協力を強化する意向を表明した。

IOCのバッハ会長と電話協議を開いた際の発言として、中国の国営テレビが報じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2654be70a7d397bf6a04928c5f2aa6acefee3662


【【五輪】ウッソ~!?...中国、東京五輪支持する意向=習主席】の続きを読む


【踏み絵】経済力でおさえる!?...中国が「参加拒否」を呼びかけ ウイグルの人権議論


中国が「参加拒否」を呼びかけ ウイグルの人権議論 
 中国・新疆ウイグル自治区の人権状況をめぐり、欧米の国連代表部が企画した大規模なオンラインイベントについて、中国側が各国に参加を見合わせるよう求めて…
(出典:朝日新聞デジタル)


中華人民共和国 (カテゴリ Webarchiveテンプレートウェイバックリンク)
中国で空前情報統制 独裁維持狙い、武漢記録消し去る習指導部 ^ 日本経済新聞 米チベット人権法案、議会通過 ^ 日本経済新聞 中国ウイグル弾圧に制裁圧力 人権目配り、企業に迫る ^ BBC 英外相、中国がウイグル人に「おぞましい」人権侵害と非難 ^ AFP 仏外相、「ウイグルに国連人権監視団を」
175キロバイト (23,243 語) - 2021年4月22日 (木) 09:27


調査団を受け入れてはと思いますが。

【【踏み絵】経済力でおさえる!?...中国が「参加拒否」を呼びかけ ウイグルの人権議論】の続きを読む


『中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア』についてTwitterの反応


中国のロケット残骸、インド洋に落下と国営メディア
…[北京 9日 ロイター] - 地表に落ちることが懸念された中国の大型ロケット「長征5号B」の残骸は9日、インド洋に落下した。中国国営メディア…
(出典:ロイター)


インド洋(印度洋、インドよう、英: Indian Ocean、羅: Oceanus Indicus オーケアヌス・インディクス)は、太平洋、大西洋と並ぶ三大洋の一つである。三大洋中最も小さい。面積は約 7355 万平方キロ (km2) である。地球表面の水の約20パーセントが含まれる。インド洋の推定水量は
40キロバイト (6,156 語) - 2020年12月13日 (日) 01:31



【【速報】先ずは良かった!...中国のロケット残骸、インド洋に落下・・・国営メディア】の続きを読む


大気圏再突入(たいきけんさいとつゅう、英語: atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつゅう、reentry)ともいう。 宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。
22キロバイト (3,441 語) - 2021年3月13日 (土) 14:26



(出典 livedoor.blogimg.jp)


アメリカ軍は、日本時間の9日昼前にインド洋の島国モルディブの沖合上空で大気圏に再突入と予測しています。
中国当事者は何している?早く予測報道出すべきです。

1 夜のけいちゃん ★ :2021/05/09(日) 06:56:43.89

5/9(日) 6:43

中国が打ち上げたロケットの残骸が地表に落下するおそれが指摘されている問題で、アメリカ軍は、日本時間の9日午前11時前後に大気圏に再突入すると予測しています。

アメリカ軍は、先月29日に中国が打ち上げたロケット「長征5号B」について、近く大気圏に再突入し、残骸の一部が燃え尽きずに、地表に落下するおそれがあるとして、再突入の時刻や位置の予測を進めています。

最新の予測では、日本時間の9日午前11時前後に北大西洋上空に再突入するとしていますが、予測時刻や位置は今後変わる可能性があるとしています。

一方、ロケットについて中国外務省は、「特殊な技術・設計がされていて、大部分の部品は燃え尽き、地上に被害を及ぼす確率は極めて低い」としています。

ソース https://news.yahoo.co.jp/articles/b20f889b52f4a36bf4eafafe3b31737055da2d69


【【最新予測】もうすぐだ!!!...中国ロケット残骸:日本時間の9日午前11時前後に北大西洋上空に再突入】の続きを読む


【残骸落下】迷惑な!...「長征5号B」の残骸が地表に落下する恐れ・・・NZ周辺の大気圏再突入か


大気圏再突入(たいきけんさいとつにゅう、英語: atmospheric reentry)とは、宇宙船などが真空に近い宇宙空間から地球などの大気圏に進入すること。単に再突入(さいとつにゅう、reentry)ともいう。 宇宙飛行においては最も危険が大きいフェイズのひとつである。
22キロバイト (3,441 語) - 2021年3月13日 (土) 14:26


アメリカが追跡しているが、中国は何やっているのでしょうか?

【【残骸落下】迷惑な!...「長征5号B」の残骸が地表に落下する恐れ・・・NZ周辺の大気圏再突入か】の続きを読む

このページのトップヘ