となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

中国


Corp (YMTC))は、フラッシュメモリ (NAND) チップを専門とする中国の国有半導体統合デバイスメーカー。2016年に中国の武漢で設立された同社は、紫光集団の子会社である。その消費者向け製品は、ZHITAI(致鈦)というブランドで販売されている。 2020年の時点で、YMTCは20nmプロセスを使用して64層の3D…
20キロバイト (2,146 語) - 2022年12月16日 (金) 14:40
外国メーカーの技術者が常駐という事は、製造機械が外国製(中国以外)ということ、
MADE IN CHINAが多すぎる、日米オランダ連合頑張って欲しい!

1 蚤の市 ★ :2023/02/02(木) 07:24:54.38ID:kVqMaOJ39
 米国が実施した中国に対する新たな半導体輸出規制に、日本も協力することが明らかになった。米国の新規制は冷戦期以来の強力な内容とされ、米国の経済分野の対中戦略は新たな局面に入ったと言われる。果たして、中国のハイテク産業にどれほど影響があるのか。現場を取材した。

国有の新興半導体メーカーで
 中国湖北省の省都、武漢市。ここに本社を置く国有半導体大手「長江存儲科技(YMTC)」の工場で昨年10月、異変が起きた。半導体製造装置の据え付けや保守・点検などのために同社の工場に常駐していた外国メーカーの技術者が、一斉に姿を消したのだ。技術者は、アプライドマテリアルズやラムリサーチ、KLAなど米国メーカーの米国人技術者で、100人以上いたというがみな同社を離れたという。

 「米国人はみんな突然、退去していったよ」。1月上旬、米国人技術者が滞在していた市内の外資系高級ホテルを訪ねると、従業員はそう話した。出勤時間帯でもホテルのロビーは閑散としており、欧米系の人物の姿はほとんどない。ホテルからYMTCの工場には送迎バスが運行されていたが、利用者が減ったためバスからハイヤーに切り替えられたという。記者が送迎ハイヤーに乗り込むと、他の利用者は2人の中国系の男性だけだった。

 市内にあるアプライドマテリアルズなど3社のオフィスも訪ねたが、こちらも欧米系社員の姿はなく、中国人の女性事務員が一人で電話番している事務所もあった。

 「YMTCは半導体製造装置のメンテナンスができず、生産が1割以上落ち込んでいるようだ」。YMTCと取引のある大手企業の関係者は、そう明かす。米国人技術者が消え、装置の保守に必要な部品が手に入らなくなっているという。現地の別の業界関係者によると、Y…(以下有料版で,残り2732文字)

毎日新聞 2023/2/2 04:30(最終更新 2/2 04:30) 有料記事 3460文字
https://mainichi.jp/articles/20230201/k00/00m/020/048000c

【技術者100人が姿を消した…米国の半導体規制で中国に起きた異変】の続きを読む


信用できない!!!...中国、6万人のコロナ関連死を公表 批判のなか従来から大幅増


中国、6万人のコロナ関連死を公表 批判のなか従来から大幅増
…[北京 14日 ロイター] - 中国政府は14日、「ゼロコロナ」政策を12月に放棄して以降、6万人近くが新型コロナウイルス関連で病院で死亡し…
(出典:ロイター)


世界保健機関 (WHOからのリダイレクト)
世界保健機関(せかいほけんきかん、英: World Health Organization、仏: Organisation mondiale de la santé、略称: WHO・OMS)は、国際連合の専門機関(国際連合機関)の一つであり、人間の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された機関。…
42キロバイト (5,156 語) - 2023年1月12日 (木) 03:49


ゼロコロナ政策から一変して・・・
約6万人の関連死を公表した、中国政府は忸怩たる思いだろう。
しかし、なかなか信じるに値する公表とは思えない!

【信用できない!!!...中国、6万人のコロナ関連死を公表 批判のなか従来から大幅増】の続きを読む


なんでも噛みつき吠える!!!...「戦狼外交」の顔、異動 中国外務省の趙立堅報道官


「戦狼外交」の顔、異動 中国外務省の趙立堅報道官
 【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長が11日までに、国境画定や海洋問題を担う同省国境・海洋事務局の副局長に異動した。  趙氏は中国の強硬な外交…
(出典:時事通信)


立堅(ちょう りつけん、ちょう りっけん、1972年11月10日 - )は、中華人民共和国の外交官。2020年2月、中華人民共和国外交部報道局副局長に就任し、報道官として記者会見を行っている。 河北省灤南県(ラン南県)出身。長沙鉄道学院(現・中南大学)卒業後、外交部(日本の外務省に相当する)に入省。…
7キロバイト (932 語) - 2023年1月9日 (月) 10:45


「戦狼外交」と言うんだ!なんでもかみつき吠える、ということか。

【なんでも噛みつき吠える!!!...「戦狼外交」の顔、異動 中国外務省の趙立堅報道官】の続きを読む


米軍機が接近してきているようには見えないが!!!...「米軍機が中国軍機に接近」と中国側主張 新たな映像公開 対立する主張


「米軍機が中国軍機に接近」と中国側主張 新たな映像公開 対立する主張
…中国軍の戦闘機がアメリカ軍の偵察機に異常接近したとアメリカ軍が発表した問題で、中国軍は新たな映像を公開して「米軍機が中国軍機に接近してきた」などと反…
(出典:TBS NEWS DIG Powered by JNN)


Su-27 (航空機) (J-11からのリダイレクト)
11型(中国語版、ロシア語版、英語版)(-11、J-11) Su-27SKの中華人民共和国ライセンス生産型。生産は1995年から行われた。 11型B(-11B、J-11B) 中国独自開発改良型。 機体設計変更とレーダー波吸収塗料により、レーダー反射断面をJ-11
72キロバイト (11,059 語) - 2022年12月1日 (木) 15:26


映像は米軍機が中国軍機に接近しているようには見えないが!?
過去の経緯からみて中国の言動は信用できない!

【米軍機が接近してきているようには見えないが!!!...「米軍機が中国軍機に接近」と中国側主張 新たな映像公開 対立する主張】の続きを読む


本当なら失礼な話だ!?...中国からの航空便“乗客の半数”コロナ感染…ミラノ到着の2便


中国からの航空便“乗客の半数”コロナ感染…ミラノ到着の2便
…新型コロナの感染が急拡大し、死者も急増しているとみられる中国。  水際対策を緩和し、中国人の海外旅行を再開する方向ですが、29日に衝撃的なニュースが…
(出典:テレビ朝日系(ANN))


ミラノ(伊: Milano [miˈlaːno] ( 音声ファイル))は、イタリア北部にある都市で、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。イタリアを代表する世界都市の一つ。イタリア語のアクセントの関係でミラーノと記されることもある。英語ではミラン(英: Milan [mᵻˈlæn,…
35キロバイト (2,262 語) - 2022年11月6日 (日) 09:29


中国のコロナ感染管理はどうなっているのだろう!
これはいくら何でも受け入れる国に失礼だろう。

【本当なら失礼な話だ!?...中国からの航空便“乗客の半数”コロナ感染…ミラノ到着の2便】の続きを読む


RNAワクチン、またはmRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)は、メッセンジャーRNA(mRNA)と呼ばれる天然化学物質の人工複製物を使用して免疫反応を起こすワクチンの一種。ワクチンは合成RNAの分子をヒトの細胞に導入し、細胞内に入ると、ワクチンのRNAはmRNA
43キロバイト (5,689 語) - 2022年11月17日 (木) 10:17
春節、1月下旬がピークと予想している。
人口が多く、ワクチン接種率も少ないので拡大が広がるか。

1 家カエル ★ :2022/12/29(木) 07:17:29.77ID:kZ8eQYm/9
「このままでは死の波が来る」中国 コロナ感染拡大に医師らが警鐘


新型コロナの感染が急拡大している中国。現場の医師たちは、このままだと「死の波」が来るとSNS上で警鐘を鳴らし始めました。

こちらは24日の山東省の火葬場とされる映像。建物の前には遺体を入れたとみられる袋が並んでいます。

新型コロナによる死者の急増が指摘される中国。SNSではこんな動きが。

救急センター医師
「12月25日、きょうは救急の日勤です。食事やトイレの時間もないまま、一日中奔走しています。患者はみんな重い症状、資源は乏しい状態です」

現場からの切実な訴えを、医療関係者が相次いで投稿しているのです。

麻酔医
「一般に必要なとき以外は人工呼吸器をつけませんが、最近は多すぎます」

こちらの医師はこのままだと「死の波がくるかもしれない」と警鐘を鳴らします。

呼吸器の専門医
「呼吸器科の患者の大半はコロナで満床状態です」

こうした中、いま人気が高まりつつあるのが…

「今日はマカオにワクチン接種を受けに行きます。伝説のmRNAワクチンです」
「ワクチン接種終わりました」

中国本土ではできない外国製のワクチン接種を受けるための、香港やマカオへの旅行です。

「接種後30分待っているよ」

感染が拡大する中、自己防衛のために接種を受ける人が増えているとみられています。

中国では、春節を迎える来月下旬に感染拡大のピークを迎えるといわれており、医師や市民の間では危機感が高まっています。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/256808?display=1#:~:text=%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A

★1 28日19時44分クロケット
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1672224283/

【マカオでmRNAワクチン接種旅行!!!...「食事やトイレの時間もない、、一日中奔走しています。患者はみんな重い症状、このままでは死の波が来る」】の続きを読む

このページのトップヘ