外交ニュースまとめ|中国・韓国・北朝鮮

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースの『まとめ』を発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

芸能ニュース


『石原裕次郎ノスタルジー』 まとめ


石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年(昭和9年)12月28日 - 1987年(昭和62年)7月17日)は、日本の俳優、歌手。石原プロモーション創立者で、初代代表取締役社長兼会長。ヨットマンとしても活動していた。昭和を代表する俳優・タレントとされている。2000年に発表された『キネマ旬報』
54キロバイト (7,496 語) - 2020年11月12日 (木) 07:29



今年は、「昭和の大スター 石原裕次郎」の33回忌となる。
1987年(昭和62年)7月17日、石原裕次郎は52歳で亡くなった。肝細胞癌だった。
この大スターの死で、「昭和の終わり」が始まった。
もうインターネットの世界で取り上げられることは少なくなった。知る人ぞ知るノスタルジー。
ご存知でしょうか、裕次郎の兄は慎太郎、慎太郎の子が伸晃、良純、そして小泉純一郎家は親戚関係にあります。

【『石原裕次郎ノスタルジー』 まとめ】の続きを読む


『11才のプロ棋士 仲邑 菫』についてまとめてみた


仲邑 (なかむら すみれ、2009年3月2日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士、初段(2019年4月)。東京都出身。仲邑信也九段門下。2019年4月、日本棋院の棋士採用試験で新設された英才特別採用推薦棋士第1号として入段し、日本棋院に所属する棋士のプロ入り最年少記録(10歳0か月)を樹立した。
19キロバイト (2,648 語) - 2020年9月19日 (土) 07:23



2009年3月2日生まれ、英才特別採用推薦棋士第1号として入段した最年少のプロ棋士です。なんとも愛らしいですね。
日本の囲碁界は、世界戦では中国、韓国などに勝てなくなっています。日本棋院はプロ棋士の底上げを図るため、英才教育に力を入れようとしています。

【『11才のプロ棋士 仲邑 菫』についてまとめてみた】の続きを読む


『囲碁 井山裕太』についてまとめてみた


井山 裕太(いやま ゆうた、1989年〈平成元年〉5月24日 - )は、日本棋院関西総本部所属の囲碁棋士。九段。大阪府東大阪市出身。石井邦生九段門下。名誉棋聖・名誉天元・名誉碁聖の名誉称号資格保持者(年齢未達)、二十六世本因坊。号は本因坊文裕(ほんいんぼう もんゆう)。
86キロバイト (9,316 語) - 2020年10月20日 (火) 12:19



囲碁界で7つあるタイトルを独占する「七冠」を2度も達成した、若き第一人者の井山裕太。
今は四冠であるが、その驚異の頭脳と集中力は神に近い。天才、神童といわれ、英才教育を受けたプロ棋士の中で頂点を維持し続けるのは神だ。

【『囲碁 井山裕太』についてまとめてみた】の続きを読む


昭和の歌謡曲『小柳ルミ子』についてまとめてみた


小柳 ルミ子(こやなぎ ルミこ、本名:小柳 留美子、1952年7月2日 - )は、日本の歌手、女優。1970年代のアイドル。別名:rumico。現在の福岡市早良区生まれ。母親は秋田県出身。血液型はA型。愛称:ルミちゃん、ルミルミ。 プラチナムプロダクション所属。
57キロバイト (4,636 語) - 2020年10月9日 (金) 02:56



「わたしの城下町」、「瀬戸の花嫁」・・・無垢で透き通るような声、もう一度あの時へと言う感じでしょうか。

【昭和の歌謡曲『小柳ルミ子』についてまとめてみた】の続きを読む


『いしだあゆみ』についてまとめてみた


いしだ あゆみ(1948年3月26日 - )は、日本のアイドル、歌手、女優。本名は石田 良子(いしだ よしこ)。イザワオフィス所属。 長崎県佐世保市生まれ、大阪府池田市育ち。母親は福岡県大牟田市出身。上野学園高等学校卒業。 実姉はフィギュアスケートグルノーブルオリンピック代表の石田治子、実妹は歌手の
39キロバイト (3,038 語) - 2020年10月22日 (木) 13:37



伸びのある、少し鼻にかかった、そして甘い声は今でも心がざわつく。「ブルー・ライト・ヨコハマ」、「あなたならどうする」は特に・・・今はいないな~

【『いしだあゆみ』についてまとめてみた】の続きを読む


『藤圭子』についてまとめてみた


圭子(ふじ けいこ、1951年7月5日 - 2013年8月22日)は、日本の歌手。本名、宇多田 純子(うただ じゅんこ)。旧姓、阿部(あべ)。 最後の夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘はシンガーソングライターの宇多田ヒカル。元夫は歌手の前川清。 1960年代末から1970年代初頭にかけ、夜の
43キロバイト (4,401 語) - 2020年10月28日 (水) 02:52



「圭子の夢は夜ひらく」今でも時々聞きます、怨歌。トラウマで血がさざめく。
ドスの聞いたそして哀愁のある声、生まれ持った才能としか言いようがない。今はいないな~

【『藤圭子』についてまとめてみた】の続きを読む

このページのトップヘ