となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

2022年09月


ジョージア საქართველო 国の標語:ძალა ერთობაშია (ジョージア語: 力は団結にあり) 国歌:თავისუფლება(グルジア語) タヴィスプレバ(自由) アブハジアと南オセチアを抜いた人口(2012年)は4,054,382人、面積57,200km2、人口密度70人/km2となる。…
141キロバイト (17,933 語) - 2022年9月14日 (水) 11:37
無事に脱出できると良いのだが!
ロシア治安部隊が近づいてきているし、国境封鎖される可能性大。

1 どどん ★ :2022/09/28(水) 07:18:37.33ID:vf5woYUU9
(CNN) ロシアのプーチン大統領が発表した「部分的動員」を受けて国外へ脱出しようとする市民の車が、隣国ジョージア(グルジア)との国境に連なる場面の画像が公開された。

25日の衛星画像を、米宇宙企業マクサー・テクノロジーが公開した。北端の画像では、ロシア側の渋滞が16キロに及んでいる。同社によると、列はさらに北へ続いていたとみられる。

CNNは26日、現地の画像やSNSに投稿されたビデオから、ジョージア国境の検問所から山道に沿って渋滞の長い列が延びていることが分かると報じていた。

現地から届いたドローン(小型無人機)の空撮映像でも、ロシア側に数百台の車が集まっている。待ち時間は48時間に達しているとの情報もある。

一部のビデオには、増派されたロシア治安部隊が装甲車で到着する様子が映っていた。

ビデオによると、検問所では家族連れや多くの男性が順番を待っている。スーツケースを手に徒歩で検問所へ向かう人々の姿もある。

ジョージアの野党政治家はCNNとのインタビューで「突然の流入を受け、われわれは政府にビザの導入や国境封鎖を求めている」と述べた。国境は今のところ開放中とみられる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/74c03aca83b238836a5f8671cb2d12a40aa7d111

(出典 www.cnn.co.jp)

【ロシア治安部隊が近づいてきている!!!...ロシア脱出16キロの長い列 衛星画像】の続きを読む


予備役 (よびえき)は、軍隊における種の一種。一般社会で生活している軍隊在籍者や、軍隊に就していた艦艇・航空機のことを指し、有事の際や訓練の時のみ軍隊に戻る。在郷軍人とも呼ばれる。ほとんどすべての軍隊に存在し、自衛隊の場合は予備自衛官と称される。 予備役にある人で構成されるのが在郷軍人会である。…
7キロバイト (1,001 語) - 2022年3月19日 (土) 10:36
息子に危険が及んできたのでロシア国民も必死だ!
日本のデモと違って命がけだ!
いよいよプーチンの首も危ないのではないだろうか?

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/26(月) 22:28:29.09ID:3g2AYELb9
第二次世界大戦以来となる、予備役の動員を発表したプーチン大統領。ロシア各地で市民が反発している

Graeme Demianyk

2022年09月26日 19時1分 JST

ロシアのプーチン大統領は9月21日、国民を部分的に動員する大統領令に署名したとテレビ演説で発表した。
第二次世界大戦以来初となる動員令では、30万人程度が招集されると見られている。
しかしこの動員令に、ロシア国民の一部は強く反発 。発表から数時間後には、モスクワやサンクトペテルブルクなど複数の都市で抗議活動が開かれた。
SNSには、モスクワ中心部のアルバート通りで人々が「戦争反対」「プーチンを前線に送れ」「私たちの子どもを死なせない」と訴える姿などが投稿されている。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/russias-military-call-up-sparks-protests_jp_63313163e4b0695c1d8374bf

【日本のデモと違って命がけだ!!!...「プーチンを前線に送れ!」予備役動員に反対するロシア国民、各地でデモ】の続きを読む


セルジュコフは辞任を表明し、後任はセルゲイショイグが務めた。 改革中に発生したウクライナ侵攻では、ウクライナ軍に対し圧倒的な兵力差がありながら多くの問題を露呈したことで、ヨーロッパではロシア軍の評価が変化している。 参謀本部 セル
43キロバイト (6,265 語) - 2022年8月2日 (火) 17:16
学生も、63歳で持病も抱える退役軍人も召集されている。
国外へ移動中の男性も飛行機の中で召集されている報道もある。
しかしロシアは軍事についてはもっと底ぢからがあると思っていたが、なんか引っかかる。

1 お断り ★ :2022/09/26(月) 13:00:48.93ID:02V44F049
プーチン氏が命じた「動員」100万人規模か…対象外の大学生にも招集令状

極東沿海地方は約7700人の招集を24日までに終える予定だ。地方政府の迅速な対応が際立つが、粗さも目立つ。ブリヤートでは、動員対象外のはずの大学生にも招集令状が渡された。

詳細はソース 2022/9/25
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220925-OYT1T50070/

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1664102020/

【プーチン一人で戦争を拡大している!!!...大学生にも招集令状を発行へ 動員100万人規模か】の続きを読む


弁護士ドットコム(べんごしドットコム)は、日本の法律ポータルサイトおよびその運営会社。弁護士のマーケティング活動を支援する無料法律相談や法律事務所の検索サービスを提供している。 匿名ユーザが質問を投稿すると、登録弁護士が得意分野に応じて回答する仕組みとなっている。弁護士
12キロバイト (1,467 語) - 2022年7月21日 (木) 19:05
これは悲劇だ!施工側には新品を供給する契約上の義務がある。
施工側は弁償すべきですよね、弁護士さんもそう言っています。
我が家の新築時には幸いそのようなトラブルはなかった。

1 少考さん ★ :2022/09/25(日) 22:08:05.08ID:p+y28jIq9
※弁護士ドットコム

「トイレが汚れてる!」注文住宅オーナー襲った悲劇…業者に奪われたオシッコ一番乗り、「責任取らせたい」弁護士の答えは
https://www.bengo4.com/c_18/n_15033/

2022年09月25日 09時42分


(出典 storage.bengo4.com)


注文住宅を建てたところ、新品のトイレを業者に使われてしまったという相談が弁護士ドットコムに届いた。「トイレを最初に使う権利」を無惨にも奪われたとき、業者の責任をどこまで追及できるのだろうか。

●あっ、便器が汚れている!
30代のマツシタさんは今年、念願のマイホームを手に入れた。住宅会社と何度も打ち合わせを重ね、夫婦のこだわりを盛り込んだ自慢の一軒家だ。

ところが、引き渡し当日に思いもよらないトラブルに見舞われた。

「トイレの洋式便器が汚れていたんです。すでに水は流されていましたが、便器や床に黄ばみがはねていて、明らかに誰かがオシッコしたとわかりました。新品のトイレにうれしくなって、汚れに気づく前に便器を触ってしまったので不快でした」

引き渡しに立ち会った住宅会社に「犯人」の特定をもとめたところ、状況からおそらく内装業者によるものと思われたが、誰も名乗り出ず、特定には至らなかったという。

しかし、マツシタさんらにまったく非がない事態であることは間違いないため、住宅会社から謝罪を受けるとともに、汚れたトイレも掃除してもらった。

それでも、楽しみにしていた「トイレ一番乗り」を台無しにされ、「住み始めてからも気分が悪かった」というから怒りは深い。

弁護士ドットコムにも、新築戸建のオーナーから、仮設トイレを撤去した後、引き渡しの前に自宅トイレを使われた「証拠」があり、業者側に便器・壁紙の交換、値引きをもとめられるのかといった相談が寄せられている。

「トイレの純潔」を奪った業者の責任をどこまで追及できるのだろうか。山之内桂弁護士に聞いた。

●弁護士の回答
——新築物件で新品のトイレを業者側が使っていたことが発覚しました。施工側に法的責任はあるでしょうか。

一般的な新築請負契約では原則として、施工側には新品を供給する契約上の義務があります。

ですので、施工側や関係業者が引渡しの「前」に新品トイレを使ってしまうと、たとえ結果的に汚損がなかったとしても、新品供給の義務に違反することになり、施工側は契約不適合の責任を負います。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

【施工側には新品を供給する義務がある!!!...「トイレが汚れてる!」注文住宅オーナー襲った悲劇…業者に奪われたオシッコ一番乗り、「責任取らせたい」弁護士の答えは (山之内 桂氏)】の続きを読む


ロシア国内からの反発に期待したい!!!...「墓場への動員」拒否を ロシア国民にウクライナ大統領


「墓場への動員」拒否を ロシア国民にウクライナ大統領
 【キーウ共同】ウクライナのゼレンスキー大統領は24日の動画声明で、ロシアのプーチン大統領が出した部分動員令について、ロシア国民に向けてロシア語で「…
(出典:共同通信)


2019年5月20日、第6代ウクライナ大統領に就任した。 2022年3月23日、日本の国会で国会議員に対してウクライナ元首として初めて、日本の国会では初めてのオンライン方式で国家元首として演説を行なった。 ロシア語読みはヴラジーミル・アレクサンドロヴィチ・ゼレンスキー。名はヴォロディーミルやウラジーミル、姓はゼレンキーなどとも書かれる。…
53キロバイト (6,143 語) - 2022年9月23日 (金) 13:48


ロシア人が反発して、プーチンを止めるのが最善の成り行きだ。
徴兵拒否、国外脱出、反戦デモ・・・

【ロシア国内からの反発に期待したい!!!...「墓場への動員」拒否を ロシア国民にウクライナ大統領】の続きを読む


動員をかける際には訓練の記憶が新しく、体力的にも優れている若い方からなされる。 19世紀後半においては、徴兵訓練人口が多ければ多いほどその国の潜在的軍事力が高いということになっており、これは特に間違いではなかった。部分動員
15キロバイト (2,550 語) - 2022年9月19日 (月) 13:05
徴兵対象は国外へ脱出しても、いずれ追跡、身柄確保されるのでは!?
そしてそれなりの刑をうけるのだろう、ロシアだから。

1 蚤の市 ★ :2022/09/25(日) 07:13:44.51ID:aAjxan+b9
ロシアのプーチン大統領が部分動員令を発令したことを受けて、徴兵対象となる若者らが出国する動きが相次いでいる。陸上の国境で長蛇の車列が発生し、航空券の売り切れも目立つ。フィンランド政府は23日、ロシア人の入国を近日中に大幅に制限すると発表した。社会に不安と混乱が広がり、政権支持に影響が及ぶ可能性もある。

ロイター通信などによると、陸続きのフィンランドとの国境では、自動車が列をなして渋滞が起きている。ロシア人のフィンランドへの陸路での入国者数は21日の部分動員令の発令後に倍増し、国境警備隊によると22日は6000人のロシア人が入国した。

米CNNは23日、ロシアとカザフスタンやジョージアとの国境でも出国の渋滞が生じていると報じた。

欧州連合(EU)諸国はウクライナ侵攻に伴う制裁でロシアへの直行便の運航を停止している。入国したロシア人はEU加盟国であるフィンランドを経由して、EU域内外へ向かう航空便に搭乗しているもようだ。

バルト3国やポーランドは安全保障上の理由をあげ、19日からロシア人の観光目的での入国禁止措置を講じていた。陸路の入国急増を受け、フィンランド政府も23日、追随を決めた。

査証(ビザ)の不要な中東や旧ソ連の国々行きの航空券には購入が殺到している。主要な予約サイトによると、モスクワからトルコの最大都市イスタンブールへの便は24日午後時点で26日分まで完売し、27日以降の価格も高騰している。

部分動員令の対象は有事の兵役義務がある国民すべてではなく特別な軍事技術・経験などを持つ予備役で、約30万人を動員するとしている。ただ、実際には兵役義務のある男性全体に広がるのではないかとの疑念が渦巻く。

欧米メディアによると、ロシアでは部分動員を告げた21日のプーチン氏のテレビ演説後に検索サイトのグーグルで「腕を折る方法」についての検索数が急増した。

22日以降も航空会社「アエロフロート」やウズベキスタンなど旧ソ連諸国の検索が急上昇した。なんとかして徴兵を回避したいとの、切実な思いが反映されている。

部分動員令への抗議デモに参加し拘束された男性が警察署で招集を通知する書類を手渡されたとの報道もある。ペスコフ大統領報道官は22日、こうした手続きは「法律に矛盾していない」と述べた。

ロシア国内で予備役の対象者が州を離れることを禁じる動きも出ており、今後拡大する可能性もある。ロシアメディアのRBKは21日、西部クルスク州の軍担当者が「(予備役対象者が)地域を離れることは禁じられている」と述べたと伝えた。州外にいる対象者は3日以内に戻ることを求めている。

プーチン政権は侵攻を「戦争」ではなく、職業軍人を中心に戦う「特別軍事作戦」だと説明してきた。ウクライナの反攻と兵員の不足で、部分動員に追い込まれたことは、侵攻が大部分の国民の暮らしには影響を与えないとの「暗黙の了解」が破綻したことを意味する。今後、政権への不満が高まりそうだ。

日本経済新聞 2022年9月24日 19:45
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR2421R0U2A920C2000000/
★1 2022/09/24(土) 20:30:17.62
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1664019017/

【いずれ身柄確保されるのでは!!!...動員令でロシア混乱 若者ら出国相次ぐ、政権不満も(日経)】の続きを読む

このページのトップヘ