任していた)、さらに新設の国家顧問にも就任した。同国における国家元首は大統領だが、アウンサンスーチーが事実上の国家元首である。 ビルマの独立運動を主導し、その達成を目前にして暗殺された「ビルマ建国の父」ことアウンサン将軍の娘である。敬虔なテーラワーダ仏教徒とされる。使用言語はビルマ語、英語、フラン
57キロバイト (7,322 語) - 2021年1月31日 (日) 23:54



(出典 www.nishinippon.co.jp)


ミャンマーでは、昨年の選挙を巡り政府と軍の対立が激化しクーデターの懸念が強まっていた。
ここにも中国の影が・・・

1 スタス ★ :2021/02/01(月) 08:27:17.69

ミャンマーでスー・チー氏拘束か
2021/2/1 08:20 (JST)
©一般社団法人共同通信社

 【ヤンゴン共同】ロイター通信は、ミャンマーで1日、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が拘束されたと報じた。与党、国民民主連盟(NLD)の報道官が明らかにした。

https://this.kiji.is/728752249465061376?c=113147194022725109


【【拘束】アウン・サン・スー・チー国家顧問とNLD幹部が1日未明に拘束】の続きを読む