となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。

2020年12月


『米商務省、中国企業59社を輸出禁止』についてまとめてみた


of Industry and Security, BIS)は、国家安全保障と高度産業技術に関する問題を扱うアメリカ合衆国商務省の一機関である。 この部局の主要な目標は、アメリカ合衆国の輸出の拡大を促進しつつ、大量破壊兵器の拡散の阻止を図ることである。
6キロバイト (630 語) - 2020年12月19日 (土) 08:31



米商務省はドローンの世界大手、深セン市大疆創新科技(DJI)など中国企業59社を輸出禁止リストに加えると発表しました。
アメリカの技術、製品が中国で軍事、情報窃取に使われていることが理由です。

【『米商務省、中国企業59社を輸出禁止』についてまとめてみた】の続きを読む


『中国の月面探査機が帰還 土壌回収44年ぶり成功』まとめ


嫦娥計画(じょうがけいかく、こうがけいかく、中国語: 嫦娥工程、英語: Chang'e program)は、中華人民共和国国家的プロジェクトとして推進している月探査計画。将来的には有人による長期滞在を目指す。嫦娥とは、中国で月にちなむ女神のことである。2003年3月1日に正式に開始された。大きく
6キロバイト (905 語) - 2020年12月17日 (木) 15:01



中国の月面無人探査機「嫦娥(じょうが)5号」が17日に持ち帰った月の土壌サンプルが、1731グラムだったことが確認されました。
2kg近いサンプル、ノートパソコンより重いですね。宇宙開発に関しても投資費用など中国の力の入れようは凄いです、有人宇宙探査機の挑戦もそう遠くはないと思われます。

【『中国の月面探査機が帰還 土壌回収44年ぶり成功』まとめ】の続きを読む


『錦織圭、観月あこと入籍していた!』についてまとめてみた


観月 あこ(みづき あこ、MIZUKI Ako、1991年10月20日 - )は、日本の元ファッションモデル。 旧芸名・立花 舞(たちばな まい)。本名・山内 舞(やまうち まい)。 富山県生まれ。 立花 舞(たちばな まい)の芸名で、エイベックス・マネジメントに所属し、舞台『東京俳優市場(2012
5キロバイト (542 語) - 2020年12月19日 (土) 06:35



20年9月の右肘の手術から約1年ぶりに実戦復帰した錦織は、ツアー4大会に出場したが、同月末の全仏オープンで右肩を故障しシーズンを終了した。
現在は右肩のリハビリを行っており、21年2月開幕となった全豪オープン出場を目指している、とのことです。
結婚を機に、東京五輪、テニスツアーでの再活躍を期待したいです。

【『錦織圭、観月あこと入籍していた!』についてまとめてみた】の続きを読む


『WHO調査団、1月中国入り 新型コロナ起源解明』まとめ



 世界保健機関(WHO)は18日、新型コロナウイルスの起源を調査するため、WHOが率いる国際調査団が来年1月第1週に中国を訪れると明らかにした。
中国側は調査に条件を付けたり、市場での調査を拒んだりしているとのことです。
調査結果の信ぴょう性に疑問が残りそうです。

【『WHO調査団、1月中国入り 新型コロナ起源解明』まとめ】の続きを読む


『ナイジェリア学校襲撃生徒344人救出』 まとめ


ボコハラム(Boko Haram)は、ナイジェリアのサラフィー・ジハード主義組織。正式な名称は「宣教及びジハードのためのスンナ派ムスリム集団」(アラビア語: جماعة اهل السنة للدعوة والجهاد‎ Jamāʻat Ahl as-Sunnah lid-daʻwa wal-Jihād)という。
41キロバイト (5,691 語) - 2020年11月30日 (月) 15:16



 ナイジェリア北西部の学校が襲撃されて男子生徒が集団で拉致された事件で、当局者は、ナイジェリア軍が17日に生徒344人を救出したと語った。
根は宗教問題、イスラムの闇は深いです。

【『ナイジェリア学校襲撃生徒344人救出』 まとめ】の続きを読む


『米グーグルを相手取り独禁法違反訴訟』についてまとめてみた


反トラスト法(はんトラストほう、英: antitrust law)は、アメリカ合衆国における競争である。アンチトラスト法とも表記される。競争の一般的な説明として、反トラスト法はカルテル、トラスト (企業形態)、コンツェルンの独占活動を規制する。 19世紀後半、アメリカにおいて独占資本の形成が進
12キロバイト (1,865 語) - 2020年6月17日 (水) 19:25




【『米グーグルを相手取り独禁法違反訴訟』についてまとめてみた】の続きを読む

このページのトップヘ