となりのウ~~~プス✦ニュース速報

海外を中心に、気になるニュース、旬のニュースを発信しています。 スポーツ、芸能、そして昭和のスターも時々発信します。


ーズとなった。シアトルは、この移転が不当であるとしてMLB機構を告訴。この訴訟は1976年まで続けられたが、MLB機構が1977年のアメリカンリーグ球団拡張でシアトルに球団を設置するという条件を提示、告訴は取り下げられた。 1977年に球団創設。名称を一般公募した結果、マリナーズ
21キロバイト (2,274 語) - 2021年9月6日 (月) 08:37


正々堂々と勝負してくださ~い。
ガンバレーショウヘイ!

1 首都圏の虎 ★ :2021/09/25(土) 13:38:03.73

本拠地マリナーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場

■エンゼルス ー マリナーズ(日本時間25日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場した。3回の第2打席では申告敬遠で歩かされ、5回の第3打席、7回の第4打席と四球を選んだ。3試合10四球はリーグタイ記録となった。

 3点を追う3回2死二塁。2ボールとなったところでマリナーズベンチは申告敬遠を指示した。本拠地には大ブーイングが響いた。続くゴセリンはニゴロ。得点にはつながらなかった。5回2死、7回無死一塁は2打席連続の四球と勝負されず、3試合14打席で10四球となった。

 球団によると、これまでは2018年マイク・トラウト、2009年ボビー・アブレイユ、1961年アルビー・ピアソンの3試合8四球が球団最多だったが、3試合連続の“マルチ四球”で一気に更新。さらに、3試合10四球は1969年レジー・ジャクソン(アスレチックス)以来52年ぶりのリーグタイ記録。ジャクソンの以前には1959年ピート・ランネルズ(レッドソックス)、1934年マックス・ビショップ(レッドソックス)、1930年ベーブ・ルース(ヤンキース)、1912年トリス・スピーカー(レッドソックス)が記録している。

 ここまで87四球はリーグ3位。後半戦47四球はリーグ1位だ。本塁打王争いではブルージェイズ・ゲレーロJr.、ロイヤルズ・ペレスに1本差。タイトル争いを繰り広げる中で、厳しい“四球攻め”にあっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0ad706a1e7001ef2741e48df11fabf197b7610e


【そんな記録があったかー!!!...大谷翔平、3戦10四球のリーグ記録に並ぶ レジー・ジャクソン以来52年ぶり史上6人目】の続きを読む


コロナウイルスをコウモリの洞窟に放つ計画ギャー!!!...武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた


武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた
…<アメリカの非営利研究機関に協力するかたちでコロナウイルスの感染力を高め、「ヒトへのリスク」を特定することを目指していた>新型コロナウイルスのパンデ…
(出典:ニューズウィーク日本版)


アメリカの研究機関に協力していた?
どこまで信ぴょう性のある情報か!?

【コロナウイルスをコウモリの洞窟に放つ計画ギャー!!!...武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた】の続きを読む


産業のコメ!!!...半導体供給網づくりでクアッド連携 日本に追い風


半導体供給網づくりでクアッド連携 日本に追い風
…米首都ワシントンで24日に開かれる日米豪印4カ国(クアッド)首脳会合では、半導体のサプライチェーン(供給網)づくりで連携する方針を確認する見通しだ。
(出典:産経新聞)


中国の経済的・軍事的台頭に対応する集団安全保障構想として、2007年5月に米国、日本、オーストラリア、インドの四カ国によるQuad クアッド (日米豪印戦略対話)が成立した。その後、日米豪印4カ国にインドネシアなどを加えて、新たな地域秩序の構想として「自由で開かれたインド太平洋」構想が進展していった
36キロバイト (4,835 語) - 2021年8月7日 (土) 14:02


これで良い形で半導体の供給網が安定していくと良いのだが。

【産業のコメ!!!...半導体供給網づくりでクアッド連携 日本に追い風】の続きを読む


温室効果ガス(おんしつこうかガス、英語: greenhouse gas、GHG)とは、大気圏にあって、地表から放射された赤外線の一部を吸収することにより、温室効果をもたらす気体のことである。水蒸気、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンなどが温室効果ガスに該当する。近年、大気中の濃度を増しているも
12キロバイト (1,018 語) - 2021年8月21日 (土) 07:38


大きな争点!
やはり、再エネにしていくのが本筋かな。
しかし、太陽光発電も環境破壊とか、老朽化の対策などあまり良いイメージが無い。

1 ボラえもん ★ :2021/09/24(金) 23:59:23.83

#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)

 地球温暖化を防止し、その破局的な影響を防ぐため、2030年までに温室効果ガス排出を大幅に削減する―脱炭素社会にむけ、
世界経済のあり方が大きく変わる中、日本にとっても温室効果ガス排出の8割以上を占めるエネルギー利用をどう変えていくかは、重要な課題だ。
現在、石炭や天然ガスによる火力発電に頼る電力を原発か再生可能エネルギー、どちらを優先すべきかで、
先日、自民党総裁選での候補者の一人、高市早苗・前総務大臣の発言に、小泉進次郎・環境大臣が強く反発する場面があった。

○高市氏と小泉環境相、どちらが正しい?
 温暖化対策は一刻の猶予も許されない、時間との戦いであることは、
今年8月に公表されたIPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)の最新報告書が示している通り。
「2030年までに温室効果ガス排出を46%削減」し、「さらなる高みも目指す」という日本としての目標は、これでも十分なものとは言えないのが科学的な見解だ。
徹底的な温室効果ガス削減を速やかに実現する上で、原発を推進する高市氏、再エネを重視する小泉環境相のどちらが正しいのか。

 結論から言えば、小泉環境相に軍配が上がる。何故なら、再エネは圧倒的なスピードで新規導入することができ、特に太陽光発電は設置が容易だからだ。
国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によれば、昨年、世界全体での再エネの新規導入量は261ギガワットに達したとのこと。
1ギガワット=100万キロワットは、大型原発の発電容量とほぼ同じだから、昨年の1年間だけで、原発261基分の発電容量が再エネによって得られたということである。

 一方、高市氏の主張のように、原発の再稼働をどんどん行ったとしても、原発事故以前の2010年の時点で、日本の発電量全体における原発の割合は25%程度だ。
原発は夢のエネルギーのように語られがちだが、発電量自体は大型火力発電と変わりない。温室効果ガス排出削減のためには、
火力発電所、とりわけ全体の3割を占める石炭火力発電所を真っ先に停止していくべきであるが、
これを今ある原発全てを再稼働させ、さらに新たに原発を導入、あるいは増設して補うなど、福島第一原発事故を被った日本では、全く非現実的な話だ*。

*そもそも、老朽化原発が増加する中で電源比率で原発を20~22%とする、第6次エネルギー基本計画案にも大きな問題がある。

 核融合炉の活用はもっと非現実的で、実現化の目処は全く立っていない。
原子核どうしを融合させ、その際に発生するエネルギーを利用する核融合炉は、太陽が熱と光を発しているのと原理的には同じで、
実現すれば膨大なエネルギー源となると言われる。ただ、核融合の実用的な技術が確立するのは早くて今世紀半ば、普及するのは今世紀末ともされている。
核融合の研究開発の是非は置くとしても、あと10年もしないうちに結果を出すことが求められる温暖化対策において、核融合炉は選択肢にもならない。
それより既にイノベーションをなし遂げており、新規導入スピードに優れる再エネを活用すべきなのだ。

○もはやフェイク、アンチ再エネ論
 なお、日本では再エネについて、世界の状況から周回遅れの否定的意見が公の場でもよく主張されている。
高市氏に限らず、再エネ中心のエネルギー政策に不安を感じる人々は、もはやフェイクとも言うべきアンチ再エネ論に影響されすぎているのだろう。
例えば、「再エネは発電コストが高いし、天候任せで不安定」という意見もがあるが、この10年ほどで再エネのコストは劇的に低下、
世界的にもっとも安価な電力は太陽光および風力によるものとなってきている。日本では政府の火力・原発優遇策や大手電力による抵抗のため、
他の国々ほど再エネのコストが下がっていないものの、あと数年内に原発より安価になると見られている。

 また、安定性に関しても、広域での電力融通や地域での「仮想発電所」(下図を参照)による融通、大規模蓄電施設の活用で対応できるようになっている。
アンチ再エネ派が「日本では太陽光発電を設置する場所がなく、これ以上増やそうとすれば、山林を切り開いて自然破壊するしかない」と主張することがあるが、これも誤り。
農地と共存したり、耕作放棄地を活用したりする太陽光発電、いわゆるソーラーシェアリングのポテンシャルは膨大で、環境省試算によれば、これだけで日本の総電力需要を確保して、なお余りあるくらいだ。

(全文はソースにて)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20210924-00259765
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632469629/


【核融合炉!ワオー...原発か再エネか、エネルギー政策で高市早苗氏と小泉進次郎氏が激しく対立…正しいのはどちら?】の続きを読む


中国人民銀行(ちゅうごくじんみんぎんこう、拼音: Zhongguo Renmin Yinhang、英語: People's Bank of China)は、中華人民共和国の中央銀行である。 戦時中に中国共産党の革命根拠地にあった「華北銀行」(河北省石家荘)、「北海銀行
16キロバイト (2,403 語) - 2021年6月14日 (月) 13:02


仮想通貨・・・流通するにはまだこなれていないか!?
マイニングが過熱気味だし、グラボの買い占めは終わって欲しい!

1 少考さん ★ :2021/09/24(金) 20:02:55.80

※日本経済新聞

中国人民銀行、仮想通貨を全面禁止 海外取引も違法に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM24A2K0U1A920C2000000/

2021年9月24日 19:21 (2021年9月24日 19:23更新)

【北京=川手伊織】中国人民銀行(中央銀行)は24日、暗号資産(仮想通貨)の決済や取引情報の提供など関連サービスを全面的に禁止すると発表した。違法な金融活動と位置づけ、刑事責任も追及する。海外の取引所がインターネットを介して中国国内でサービスを提供することも違法とする。金融リスクを抑えるため、取り締まりを一段と強化する。

中国国内の省や自治区、直轄市に通知を出した。人民銀行は仮想通貨が「経済や金融の秩序を乱し、資金洗浄(マネーロンダリング)や違法な資金調達、詐欺行為を引き起こしている」と指摘した。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。


【グラボの高騰は収まるか!?...中国人民銀行、仮想通貨を全面禁止 海外取引も違法に】の続きを読む

このページのトップヘ